筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーがロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2020年は目指せ!E1

【ロードバイク】Zwiftインターバルトレーニング開始42日目_20200701

スポンサーリンク

在宅勤務が解除されて1ヶ月が経とうとしています。

職場の往復が片道2時間と超絶長い、、、、どうも筋肉ブロガーです。

仕事が終わってから自宅に到着するのが遅いため、夜練の時間も毎回遅めです。

そして梅雨シーズンでもあるので、今は我慢してインドアトレーニングを行っています。

という訳で、7/1もZwiftアプリを活用したインドアトレーニングを行ったため、記事にしました。 

それでは7/1のトレーニングレポートを御覧くださいませ↓

トレーニングサマリ

ワークアウト名

2020-07-01 21:08:54

走行時間

1:43:32

距離

40.47 [km]

獲得標高

8.1 [m]

TSS™

86.3

IF™

0.71

インターバル・インテンシティ

77 [%]

消費エネルギー

1030.0 [kJ]

平均ケイデンス

69.6 [rpm]

平均スピード

23.7 [km/h]

最大心拍数

183 [bpm]

平均心拍数

128 [bpm]

最大ペダリング・パワー

678.4 [W]

平均ペダリング・パワー

166.0 [W]

平均ペダリング効率

43.8 [%]

NP™

204.5 [W]

平均パワーバランス

50.0:50.0 [%]

ダンシング率

5.7 [%]

平均トルク(L)

11.2 [N·m]

平均トルク(R)

11.2 [N·m]

最大勾配

3.0 [%]

最高気温

32.3 [°C]

平均気温

27.3 [°C]

ペダリングモニター

f:id:not_mechanic_yu:20200702184722p:plain

5時の方向が踏み過ぎかな

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20200702184802p:plain

前半はポタリング、後半レース

感想

7/1もZwiftレースにエントリー。

Zwiftレース前に40分程ベーストレーニングを行ったが、まさかのSnapshotを撮り忘れたw

まぁ撮り忘れたのは仕方ないので、本記事はZwiftレースのSnapshotのみ掲載します。

今までのZwiftレースは、カテゴリーCを選択していたが、Zwiftの適正カテゴリーはBカテらしい。

※Twitterで連絡を頂いたフォロワーさん、ありがとうございます

併せて、最近はZwift Powerたるものにも登録したのだが、Zwift Powerさんも「テメェはBカテだぜ!Go to Hell!!」的にB!B!B!って書いてあった。

 

という訳で、今回からZwiftレースはBカテで参加する事にした。

Zwift界にもカテゴリー詐欺を行ったらダメだよってお作法があると思うし、ワタクシのせいで他ライダーが不快な思いをするのも嫌なので、指定されたカテゴリーを選択しました。

f:id:not_mechanic_yu:20200702184936j:plain

レース開始前、なんか横浜のみなとみらいっぽい

レースは約20kmのロードレース?なのかな?

コースレイアウトをざっくり見ただけでよく分かっていなかったが、とりあえず先頭集団で走ることを意識した。

併せて、友人からZwiftレース中はドラフティングして脚を溜めておけと口酸っぱく言われていたので、その教え通りにドラフティングしておいた。

まぁ、リアルレースでもドラフティングしかしないセコい奴がワタクシなので、リアル・バーチャル問わずに他力本願スタイルを発動したw 

f:id:not_mechanic_yu:20200702184947j:plain

PWR4.0前後で走っていた

最近Zwiftレースを走っているの気付かされるが、本当にドラフティングが効くんだなぁって実感する。

ドラフティング時にスマートローラーの負荷が軽くなるということは感じないが、先頭を走っている方とのPWRが全然違います。

※1位の方は5.6だけど、集団は3.5前後

 

ただ、ドラフティングしていても、Bカテの強度が高くてジワジワと脚が削られる。

やはりCカテとは強度が違うなと実感した。

f:id:not_mechanic_yu:20200702184958j:plain

平地はギリギリついていける

平地はドラフティングしていたらギリついていける感じ。

ただ、アップダウンがあるセクションは強度が上がるので、ジワジワと番手を下げていた。 

f:id:not_mechanic_yu:20200702185015j:plain

おばけのアイテムをGet!なんだこれ

途中でお化けのアイテムをゲットした、この時は「というか効果は何??」と思っていた。

大体予想がついていたけれど、アバターが瞬間的に消えるんじゃないのかな。

なので、ステルススプリントできるようにアイテムは取っておいた。 

f:id:not_mechanic_yu:20200702185024j:plain

登りセクションで千切れました

Volcanoの登り開始5秒位で先頭集団から千切れた。

というかマジで速すぎて追いつけなかった。

せっかくアイテムを残していたんだけど、全く意味なかったw

そして毎回お馴染みで申し訳ないけど「アディオス!先頭集団!」 

※実際に先頭集団からアディオスされたのは、筋肉ブロガーの方だけど

f:id:not_mechanic_yu:20200702185034j:plain

12位争いのグルペットにJoin

先頭集団からはドロップしてしまったが、気持ちを切り替えてグルペットの頭を取ることにした。

JBCFでいう、昇格圏外だけどポイントGet圏内ってやつなのかな。

※制度が変更されたかもしれないけど、2年前は15位までは多めにポイントをGetできていた

 

スプリントは本気でやったので、Snapshotが無いです。

残り500mからスプリントを開始 、ワタクシはZwiftで1000wなんて一度も出たことなので、持っているカードはロングスプリントの1択。

 ※Zwiftの平地だと800mくらいからスプリントして、ギリギリもつかどうか(Ave8.0位)

そして結果は↓ 

f:id:not_mechanic_yu:20200702185042j:plain

全カテゴリーだと26位

カテゴリーBにソートすると↓  

f:id:not_mechanic_yu:20200702185051j:plain

12位

初のBカテレースは12位だった、まぁこんなもんじゃなのかな?

Ave.も3.8倍だし、こんなもん、実力通り。

という訳で、Bカテではゴールスプリントにすら絡めないのが現状だと分かった。

これは個人的な感想だけど、何故か勝った時より負けたときの方が気持ちが盛り上がるんだよなぁ。

まだ倒すべき相手がいるんで、努力せねば」 と思うからです。

※言い方を変えれば、ドMなんだろうけど

f:id:not_mechanic_yu:20200702185059j:plain

〆のマッスルインターバルx1

クールダウンしていたら、ちょっとだけ走りたくなったのでマッスルインターバルを1本やって終了!

f:id:not_mechanic_yu:20200702185110j:plain

Total 77TSS

レース前のトレーニングを合わせて、7/1はTotal105 TSSだった。

そろそろJBCFが開催されそうなので、今後の平日練はベーストレ&Zwiftレースで追い込んでいこうかな!

次のレースはZwiftかJBCFで会いましょう!

それまで!デュエル スタンバイ!

 

最後に2020年のテーマは「筋肉は全てを解決する