筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2021年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本CX出場!

【シクロクロス】シクロクロスバイクの軽量化_20200901

スポンサーリンク

9月に入りましたね!

どうも、筋肉ブロガーです

今月末にはシクロクロスも開幕するので、CXerはボチボチ準備を開始しているはず。

筋肉ブロガーもボチボチ準備を開始し始めたので、良かったら読んでみて下さい。

それでは、8/31のトレーニング内容はコチラ↓

トレーニングサマリ

ワークアウト名

2020-09-01 19:13:30

走行時間

2:06:31

距離

55.32 [km]

獲得標高

292.8 [m]

TSS™

98.1

IF™

0.68

インターバル・インテンシティ

74 [%]

消費エネルギー

1075.3 [kJ]

平均スピード

26.7 [km/h]

最大心拍数

186 [bpm]

平均心拍数

155 [bpm]

NP™

197.2 [W]

最大勾配

6.7 [%]

最高気温

28.5 [°C]

平均気温

24.8 [°C]

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20200904185247p:plain

CXバイクにはパワメ未装着(バーチャルバワーが表示されている)

感想

昨年は「CANYON Inflite」に乗っていたが、今年は縁あって「TREK Boone Disc5」に乗ることになった。

で、カテゴリーもC1に上がったことだし、自分へのご褒美として今年は軽いパーツをInstallしようかなと思っていた。

※軽い=正義ではないですが、少しでも軽いバイクを扱ってみたい

 

後、CX練を一緒に行っている轍屋の店長バイクが軽すぎて羨ましかったというのもあるけどw

という訳で、毎月少ないお小遣を出しながら軽量化に取り組んでいます。

f:id:not_mechanic_yu:20200904185701j:plain

現状のTREK Boone Disc5

純正のBooneから変更した点は下記↓

  • DiscローターはXTR
  • 純正ホイールからDT Swissのアルミ
  • スプロケットは純正からFORCE
  • プラクシスの純正クランクからSRAM RIVAL&FORCE(Digiritと併用)
  • 純正サドルからサンマルコのアスピデ
  • βチタニウムのネジ

基本的にはCANYONにつけていたパーツをBooneへ移植しています。

これで重量が8.5kg→8.1kg位の軽量化へ成功。

※サドル・ボトルケージ・レックマウント・サイコン込みの重量

そんでもって、もうひと押し軽量化したい!

という訳で今回軽量化したのは↓

f:id:not_mechanic_yu:20200904185717j:plain

カーボンシートポスト

純正はアルミシートポストがInstallされていますが、店長曰く激重らしい。

という訳で、カーボンへ変更!

何グラム軽量化されたか測ってないので知らんけど、気持ち軽くなったかな。

※今度、重量測定してみます

 

多分50g~100gは軽くなったと思うので、重量は8kgフラットと予想。

後はステムとハンドルをカーボン化・カーボンホイール化すれば7.6kg位にはなるかな。

※ステム伸ばせばロードでもしようできんじゃね?って思うw

 

まぁ、今年はこれ以上軽量化するのはお財布的にも厳しい。

なので、軽量化はここまで!

あとはタイヤやブレーキパットの消耗品と、シーズンオフにO/Hする代金を貯めておこう。

 

と、トレーニング内容は全く無い記事でした!

※Pioneer CA600のバーチャルパワーは信用ならん!

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2020年のテーマは「筋肉は全てを解決する