筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2021年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本CX出場!

【ロードバイク】宿敵!MTBerのザキさんを倒す回_20210509

スポンサーリンク

ついにDaily記事の過去ストックが無くなった!

どうも、筋肉ブロガーです。

ようやく過去ストック無くなったぜ!

なので、これからは現実世界とマイナス1日の記事がかける。

※と同時に、溜まっているインプレ記事も消化できる

 

なので、ストックはないけど5/10のトレーニング内容を記事にします。

タイトルにもある通りですが、宿敵に挑んだ回です。

良かったら読んでみて下さい。

それでは、5/8のトレーニング内容をご覧ください。

トレーニングサマリ

ワークアウト名

2021-05-08 09:18:31

開始時刻

2021/05/08 09:18:31

終了時刻

2021/05/08 16:55:11

走行時間

5:22:35

距離

141.08 [km]

獲得標高

1814.8 [m]

TSS™

289.2

IF™

0.73

インターバル・インテンシティ

77 [%]

消費エネルギー

2947.1 [kJ]

平均スピード

26.5 [km/h]

最大ペダリング・パワー

792.0 [W]

平均ペダリング・パワー

152.8 [W]

最大ANT+パワー

205.0 [W]

平均ANT+パワー

72.1 [W]

NP™

212.3 [W]

平均パワーバランス

50.0:50.0 [%]

ダンシング率

5.4 [%]

最大勾配

14.2 [%]

平均勾配

-0.1 [%]

ペダリングモニター

f:id:not_mechanic_yu:20210510182100p:plain

ペダリング良い感じじゃん!

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20210510182023p:plain

データ以上に疲れた

感想

筋肉ブロガーがCXで個人的に宿敵と思っている「(プロ・ビーラーじゃない方の)ザキ」さん。

※本物のプロ・ビーラーのザキさんはコチラ↓

twitter.com

そんでもって、こっちは今回主役のザキさん↓

筋肉ブロガーが個人的にヒールキャラにしているので、キャラについてはバイアスかけまくってますw

not-mechanic-yu.hatenablog.com

(本当は凄く仲良くて色々良くしてもらっている先輩だけど) 憎きMTBerのザキさんを倒すべく、ガチでデュエルする事にした。

そして、今回はCXでもMTBでもなく「ロード」なので、バトルフィールド的には筋肉ブロガーが有利!

という訳で、デュエル!

 

AM8:30に筋肉ハウスへ集合。

ザキさんは五輪っぽいロゴの高級外車で登場。

この時点で(彼はマウント発言は一つも発していないけど)所有車でマウント取られましたと感じたw

なお、筋肉ブロガーも車は所有してましたが、嫁が知らぬ間に売ってました

※なので、現在所有車はございません

 

ザキさん、基本的にはMTBerなので、ロードバイクには興味ないっぽい。

本人に聞く限りだと、平日のZwift練用にアルミロードを所有しているといった感じだった。

なので、ザキマシンはコチラ↓

f:id:not_mechanic_yu:20210510182202j:plain

SpecializedのAllez Sprint

アルミフレームのAllez Sprintだけど、使っているパーツは良いものばかりだね。

ざっとパーツ見るだけでも、7キロフラットだと思う。

そしてザキさんはSpecializedしか勝たんおじさんなので、身にまとっている物全てスペシャだった。

※そこまで全身スペシャで統一できると、カッコいいなと感じた

 

ただ、彼は空気が非常に読めるおじさんなので↓

  • ザキ:今日もヒールキャラで行くわw
  • ザキ:という訳で、ウェア含めて全身Specializedおじさんで来たよ、いじり甲斐があるでしょ~!

と言ってきたので↓

  • 筋:そうですね、流石です!ブログネタにしますね(絶対弄らんけど)

って返事しておいた、結局弄ったけど。

ウェアもオシャレでして↓

f:id:not_mechanic_yu:20210511101726j:plain

ザキウェア↑

TRINITY MAAPという、ヨーロッパのCXをメインに走っているチームのマジもんらしい(Specializedのロゴ入り)

なので、ウェアもオシャレに決めていた。

まぁ、ウェアに関しては筋肉ブロガーのChampion System Japan Test Teamウェアもカッコいいので、ドローってことにしておこうかな。

 

走行ルートは「厚木→土山峠→道志→雛鶴峠」のアップダウンが多いルートにした。

登りだけのコースでも良かったけど、体重が軽いザキさんにガチで千切られると思ったので、下りもあるコースにした。

※下りだと体重が重い筋肉ブロガーが有利だよね(多分)

 

自宅から雛鶴まで往復すると140km近いので、前半70kmはサイクリングペースで走ろうねって事にしていた。

と言いつつ、ザキさんの性格上「サイクリングペースだよw(4.6倍)」的な事を言ってくんなと思っていたので、前半戦でペースが上がったら速攻で被せるつもりだった。

実際、前半はサイクリングペースで走ってたので、ザキさんは意外と紳士なおじさんなんだなと実感した。

※ただしCXレース時のザキさんは、筋肉ブロガー限定でフルマウント取ってきますw

 

前半70kmを終えた時点で、TSS128だった。

なので、サイクリングペースだけどL3,L4がメインだったと思う。

そして雛鶴峠の饅頭屋で休憩↓

f:id:not_mechanic_yu:20210510182218j:plain

味噌饅頭には印を付けているらしい(中央の黒い点)

筋肉ブロガー、雛鶴峠に行ったら必ず行く饅頭屋さん。

王の入りまんじゅう つるや」と言うらしい。

住所は下記↓

〒401-0201 山梨県上野原市秋山浜沢12046

そして、いつも味噌饅頭を食べます。

饅頭屋のご婦人が↓

  • 味噌饅頭って分かるように黒い点をつけるんだけど、今日は間違って全部の饅頭に黒い点つけちゃったよw
  • なので、選んだ饅頭が味噌じゃなかったらごめんね♪

と言っていた、つまりドッキリ饅頭グランプリ的な感じで、味噌っぽい饅頭を選んだ。

※結果的には味噌饅頭だった

 

そして追加で↓

f:id:not_mechanic_yu:20210510182235j:plain

里芋と漬物

里芋と漬物は婦人からのプレゼントだった、なので有り難く食す。

※いつも良くしてもらって、本当に感謝してます

f:id:not_mechanic_yu:20210510182255j:plain

一時休戦!の図

饅頭屋でエネルギー補給も終えたので、自宅へ戻ることにした。

帰路はペースを上げていくと事前に打ち合わせしていたので、ガッツリ上げることに。

なので、帰路が正式なデュエルだったかな。

 

雛鶴峠の帰路(山梨→神奈川へ戻るルート)は、基本的には下り基調。

なので、ボディが重い筋肉ブロガーが有利だなと思っていた。

案の定、下りだけだと筋肉ブロガーが速かった、なので下りのデュエルは筋肉ブロガーの勝利。

※と言いつつ、スーパータック使いまくったので(実際はザキさんの勝利だよね)

 

途中で帰宅ルートを間違っていて、牧馬峠の麓へ着いてしまった。

そこからはザキさんのターン。

筋肉ブロガーは登れないので、ザキさんにただ食らいつくだけ。

※といっても、彼のペース走が筋肉ブロガーの全力走行だった

なので↓

f:id:not_mechanic_yu:20210510183827p:plain

登りでゴリ上げされた

ラストゴリ上げされて千切れる寸前まで追い込まれた。

多分、あと10秒長かったら千切れたかな。

興味本位で牧馬峠を登った時のペダリングモニターを確認してみると↓ 

f:id:not_mechanic_yu:20210510183659p:plain

めっちゃ効率いいじゃん!

凄く綺麗なグラフだな、あとAve299wってパワー出すぎでしょ。

これでペース走って、やっぱ彼は強いんだなと実感した。 

その後もバッチバチなトレーニング強度、とうかレース強度で走ったので↓ 

f:id:not_mechanic_yu:20210511101756j:plain

自動塩生成マシーンと化した

筋肉ブロガーのウェアを撮影していなかったけど、ザキさんの2倍は自動塩生成マシーンになっていた。

結局、140km走ってTSS289。

残り15kmで筋肉ブロガーの体力が力尽きたので、流して上記のTSS。 

という訳で、憎きザキさんを倒そうと意気込んだけど、返り討ちにされました。

筋肉ブロガーはしつこい性格なので、勝つまでデュエルを挑みます!

今後、ちょくちょくザキさんとのデュエルブログが上がると思うので、気になる人は読んでくださいね♪

そして帰宅後速攻でストロングゼロキメて、デュエルに負けたことを忘れたw

それが5/10のハイライト。 

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する