筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【シクロクロス】砂練と泥練

スポンサーリンク

シクロクロス普及芸人

どうも、筋肉ブロガーです。

今回は久しぶりのCX練習ネタです。

というか、CX練習の記事なんて書いたかな?って感じ。

なので、超絶ザックリだけど記事にしました。

参考になるかは知らんけど、良かったら読んでみて下さい!

それでは、10/27のトレーニング内容をご覧ください。

トレーニングサマリ

f:id:not_mechanic_yu:20211101170828p:plain

CX練だから、速度は遅い

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20211101170921p:plain

久しぶりにCX練の時系列グラフ見たなぁ

感想

通勤中師匠からMessengerが↓

  • 今晩CX練するので、良かったら来ませんか?

上記。

まぁ拒否権無いし、強い人と一緒に練習するのは得しかないので、二つ返事でOKしておいた。

※練習中の写真はありません(ガチ)

 

筋肉ブロガーはバイクコントロールは下手クソof下手クソです。

曲がらない止まらないの、暴走機関車的な感じ。

それを見越してなのか、この日はバイクトラクションの掛け方や、コーナーの曲がり方についてレクチャーを受けた。

詳しいことは師匠の企業秘密かもしれないので伏せるけど、ざっくりだと以下↓

  • 砂場で8の字練習が一番コーナー曲がるの上手くなりますよ
  • 柔らかい砂場を足つかずに走り切る練習もしといてね(直線)
  • とにかく踏め!脚止めるな!

ざっくりだと上記。

あ、あと↓

  • ガチで砂練しまくっている人は、チェーンがピカピカになりますw

も追加。

多分、砂でチェーンが研磨されるからでしょw

※天然のサンドブラストですね

 

で、当日は砂場で8の字コーナーと直線走メインで実施。

でもって、8の字は全くできず、、、、というか1回も足つかずに曲がる事はできなかった。

気を抜いて脚を止めた瞬間、ホイールが砂に埋もれて走れなくなります。

なので、常に踏みながら砂を掻き出す必要がありそう。

CX千葉の海岸線沿い~右に曲がる所が上記に該当するので、練習していて損はないなと感じた。

同時に直線走、こちらは常に踏み抜く事が重要だと実感した。

個人的には、低ケイデンスだとホイールが埋もれて走れなかった。

なので、高ケイデンス(90以上)で回しながら、砂を掻き出す方が良さそう。

 

といった具合で、師匠と2時間程ガッツリCX練を行った。

f:id:not_mechanic_yu:20211101170707j:plain

ホイールは砂と泥で汚れました!の図

筋肉ブロガーの家の近くには江ノ島があるので、江ノ島の海岸線沿いで実施した。

夜の江ノ島はカップルが多かったんだけど、カップルを気にせず野郎2人で自転車に乗る。

しかも普通の人は絶対砂浜で自転車なんて乗らないし、ましてやインターバル走みたいな事もしないw

絶対に変人扱いされたと思う、願わくば一生イチャイチャしながら砂遊びしたい!

そう思ったのが、10/27のハイライト。

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する