筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【Zwift】東北シクロクロス@福島空港前のトレーニング

スポンサーリンク

ようやく3月の記事を書き始めました。

どうも、筋肉ブロガーです。

もうそろそろ4月になっちゃうので、約1ヶ月分の記事ストックがあります・・・

※早くリリースせねば

東北シクロクロスのレースレポも書いていないので、Daily記事はサクッと書いちゃいますね。

という訳で、3/1もZwifytトレを行ったので記事にしました。

良かったら読んでみて下さい。

それでは、3/1のトレーニング内容をご覧ください。

トレーニングサマリ

f:id:not_mechanic_yu:20220330125747p:plain

シマノコネクトより抜粋

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20220330125833p:plain

シマノコネクトより抜粋



感想

普段はレース前日まで乗り込んでいたが、去年末の体調不良以降、トレーニングし過ぎはNGだと思った。

なので、レース4日前だが最後のトレーニングにした。

SSTを選択!の図

一応、SST強度ショートを選択。

本当はもっと乗りたかったが、ここは焦らずにショートを選択しておいた。

淡々と走ります!の図

CXerは短時間のインターバルトレを行っているイメージが強いけど、個人的にはベースパワーを上げたほうが良いかなって思っている。

CXだとコーナー後の立ち上がりにパワーを使ったりするので、インターバルトレは必要だとは思うが、それよりも巡航パワーが高い方が良いと思っている。

※表彰台に上がるレベルの選手だと、巡航パワー(は当たり前に強くて)+インターバル耐性があります

レストは人権を獲得するね!の図

自身がどの位の順位で走りたいかによるけど、上位10%(非AJOCCレース1桁台)位を取りたいのであれば、巡航パワーを上げた方が手っ取り早いのかなって、個人的には思っている。

という訳で、筋肉ブロガーは短時間高強度のトレは行わずに、SST強度のトレばかり行っています。

※ローラー上の話だよ、実走だとコーナー曲がる練習や乗り降りの練習も行っています(たま~にだけど)

TSS70!の図

てな感じで、さっくり1時間乗って70TSSS。

レース前に良い感触で踏めたのは収穫だね!

後は休養入れて筋肉を超回復!からのレースへ突撃だぜ!!!!

初めて東北シクロクロスへ参戦するので、これからが楽しみだぜ!

って、もうレース終わって1ヶ月位経って記事を書いている筋肉さん。。。

ブログは鮮度が大事だよ」って言葉をすると、耳が痛いですw

そう思ったのが、3/1のハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する