筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【ご報告】ブログ再開&これまでの振り返り

スポンサーリンク

シクロクロス普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

2週間ほど色々と考えてみました。

多くの友人やフォロワーさんから連絡やDMを頂き、色々考える事ができたなと思っています。

今回の記事は文章に脈絡が無いかもしれませんが、良かったら読んでみて下さい。

そして、ブログ書いていて「自分繊細で真面目かよ」って思ったので、無駄に意味にないイラスト多めですいません

それでは、ブログ再開&これまでの振り返りの内容をご覧ください。

ブログ再開

まず結論から。

ブログ再開します。

※誰かに宣言する事ではないんだけどね

本調子では無いですが!の図

なんで休止していたの?

こう思っている方も多いと思う、だって休止の理由語ってないので。

SNSで炎上したみたいな事は一切ございません!の図

別にSNSで炎上した→ブログ休止みたいな事は無いです。

自分で自らブログを休止していただけです。

特に誰かに休止しなさいと命ぜられた訳でも無いです、自発的に休止しました。

この辺の詳細は書きませんが、次項でサラッとは書いておきます。

ニセコからの振り返り(レース)

そもそも、ニセコクラシックを最後に、遠征型のロードレース参戦は控えようかなって思っていた。

※Twitterには、その旨は度々呟いていた

家族ができた事、ロードレースは好きだが集団(特にコーナー)で走る時に毎回怖いというのが理由。

※コーナーリングが下手なのは、ブログ開設時から変わっていません

(色々あったのは置いといて)なので、今回結果的には、ニセコが終わって筋肉ブロガーのライドスタイルを含め、見直す良い期間だったなと感じています。

そんでもって、見直し&振り返りの内容を列挙すると↓

  • 自分のコーナー遅いなぁ
  • 特に下りのコーナーは遅いなぁ
  • というか、下りコーナーは自分が思っていた10倍以上遅かったなぁ
  • フィジカルは悪く無いんだろうが、現状ロードレースできるスキルは一切無いなぁ

上記。

これは、筋肉ブロガーのロードレーサーとしての振り返りです。

結果、ニセコで全くお話にならないなかった(年代別16位)

あと「下りは怖いので、他ライダーみたいに速く下れなくて良いや(安全第一)」って思っているのは、競技者としてはダメだと思う。

理由は「他ライダーより速く走れない=遅い順位」となってしまうから。

※圧倒的に逃げて、下り遅くても他でアドバンテージ取れれば別なんだろうけど

上記は他人に向けてのメッセージではなく、自分自身に向けてのメッセージです。

心のブレーキをかけるのは仕方ないかもしれないが、それを良しと思っているマインドはダメだという事。

ダメ!の図

理由はどうであれ、事実として結果的に他人より遅いって事です(特にスキル不足)

という訳で、本当に(下り含めて)速くなりたいと思った時に、ロードレースへ出ようと思います。

現状、戦えるフィジカル・スキル・マインド全てが不足しているので、まずは苦手な部分を克服してみようかな、というのが振り返りの一部です。

振り返り(所作)

本項はレーサー含めて、普段の所作についてです。

自分&他人の所作についても、振り返ってみた。

FBには一部投稿しましたが、ブログで列挙してみると↓

  • 懸けているモノが大きいほど、結果の良し悪しに影響される
  • その時その場所で、言ってはならない事がある
  • 普段からの言える(間柄って言うのかな)親密度は重要

言葉を選びましたが、俗に言う空気を読むってやつです。

レーサーがレースへ参加する際は、競技なので勝敗が必ずつきます。

勝者がいれば敗者も居ます、というか1位以外は敗者なんだけどね。

勝者の定義も考えようによっては↓

  1. 1位が勝者です!
  2. 自分の目標を達成できたら勝者です!
  3. 楽しく走れたら勝者です!
  4. 安全に走れたら勝者です!
  5. というか知らんけど全員勝者です!

的な考え方は、人それぞれバラバラなのかもしれないので、今回置いておきます。

そして勉強したのは、競技者に言っちゃダメな単語があるんだなという事。

※筋肉ブロガー的には「地雷ワード」って言っています

文章で伝えづらいし、状況によって変化すると思うので複雑ですが、人には絶対踏んではいけない地雷が、普段は無い(厳密には僅かにあるかもしれない)が、その時と場所で休に出現するんだなって感じました。

35年間踏まれていない地雷もある↑の図

これは、言い方(マウント気味or笑顔でetc)とか関係なく、○○のタイミングでは言うべきではない事もあんだなって感じた。

※相手はフォローしているんだろうが、受け手からすると地雷踏んだなって思ったりするかも

特に想像していよりも結果が出なかった場合は、気をつけないとなって感じた。

※羨望や嫉妬の裏返しって事で、切り捨てるのも良いかもしれないが(確実に何かしらの関係は絶たれます)

筋肉ブロガーも基本思ったことをすぐ言っちゃうタイプなので、気をつけないといけないなと実感した。

プリンセス・チーピーさんの秘技「おくちにチャック」の図

 

※そしてレース後にかける言葉が全て地雷に感じてきたので、もう「お疲れ様でした!」だけ言うのが良いのかなって思ったり

これは体験談ですが、直近のデカいレースで優勝した某青年は、多分敢えて何も話しかけなかったと思う、こういうフォローの仕方もあるんだなって思って、勉強になりました。

大人になって、改めて他人に向けた発言には気をつけようと思えたので、結果的には良かったのかなと思います。

感謝

この記事の内容通りですが、一旦心身ともに休養を入れたのは良かったのかなと思えてきてはいます。

むしろこれからの人生で他人の押したらいけないスイッチを押す確率が減ったと思って、感謝しようと思っています。

そして、休止期間中はいろんな方から連絡を受け、本当感謝しています。

(炎上した訳ではないですが)温かい言葉を頂き、また自転車を頑張ってみようと思います。

まだ確定した訳ではないですが、ロードレースはしばらく参戦しないと思います。

逆に今以上にCX・グラベル・MTBに力を入れようかなって考えています。

※でもロードに全く乗らないわけではないよ、練習はやっておきます

最後に

個人的にsns含めて、ネガティブな発言は絶対しないように心がけてきましたが、今回ネガティブマインドな記事を書いて、一部の方は不快に思った方もいるかもしれません。

※本当すいません

これから少しずつですが、トレーニングを再開しつつ、前のポジティブマインドな自分に戻ろう、というか自分越えてやろうと思います!

※以降、このようなテイストの記事は書きません

これからもよろしくお願いします。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する