筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2021年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本CX出場!

fi'zi:kの日本アンバサダーに就任しました!

スポンサーリンク

今日はいつもと違うテイストの記事を書いています。

どうも、筋肉ブロガーです。

3/11に自転車Webメディアでリリースされていたので、一部の方は知っているかも知れませんが、fi'zi:kの日本アンバサダーに就任しました!

www.riogrande.co.jp

f:id:not_mechanic_yu:20210317163335p:plain

カワシマサイクルサプライのHPより抜粋

という訳で、fi'zi:kの説明とアンバサダー契約を結んだ理由を書きます。

と言うのも、筋肉ブロガーがこの手のアンバサダー就任の記事を読む時に思うのは↓

  • アンバサダー就任しました、で(読者にとってメリットって)何なの?
  • 何故アンバサダーへ就任したの?何か理由があるよね?

といった感じで、その手の記事は興味が無いというのが本音。

言い方を変えれば、上記がクリアになれば興味が湧くなぁと思うので、併せて記載してみますね。

※読者へ有益な情報を書かないと、中身が何も無い記事になっちゃうので

それでは、fi'zi:kの日本アンバサダーに就任の記事をご覧ください。

fi'zi:kとは

fi'zi:kを知らない方って、ほぼいないと思うけど、念の為に説明しますね。

fi'zi:k本社は「イタリアのSelle Royal(セラ ロイヤル)」にあります。

そんでもって、以下がfi'zi:k(代理店のカワシマサイクルサプライ)が説明している文章↓

fi'zi:k(フィジーク)はSelle Royal社のハイエンドモデル・ブランドです。Selle Royal社は、シティ用サドルからプロユースモデルまで幅広く生産するイタリアを代表するサドルメーカーの一つです。fi'zi:k(フィジーク)は「バイクとサイクリストの接点」をデザインし、アイデアに満ち溢れた、その数多くのアイテムを熟練の職人達の手作業によって製造しています

ハンドル・サドル・ ステム・シートポスト・バーテープ・シューズetc、フレームやコンポーネント以外の主要パーツは作成しています。

以下は、fi'zi:kが販売しているカテゴリーリストとなります。

f:id:not_mechanic_yu:20210322112429p:plain

カワシマサイクルサプライHPより抜粋

fi'zi:k信者だと、ヘルメット・フレーム・コンポ・ホイール以外は同ブランドで固めれますねw

これまではプロチームへ機材供給

fi'zi:kはモビスターやチームSKYetc、ツールやブエルタで活躍するチームへ機材を供給していた。

f:id:not_mechanic_yu:20210317165010p:plain

UCIワールドチームメインに供給

フルームがfi'zi:kを使っているのは良く見ていたけど、その他のプロライダーも愛用しているなと。

個人的には、プロが使用しているブランドだと思っていた。

※後、女性も使用率が多いなぁと感じていた

2021年より、ホビーレーサーやライダーにもサポートを開始

前述しましたが、fi'zi:kはこれまで、UCIワールドチームメインにアイテム供給を行っていました。

※トッププロが宣伝しても、筋肉ブロガー的には響かない(だって、自分はトッププロじゃなくてホビーレーサーだし)

ですが、2021年よりfi'zi:kは全世界のホビーレーサーやライダーにもサポートを開始しました。

f:id:not_mechanic_yu:20210322123943j:plain

バーテープとサドルはfi'zi:k

上記、fi'zi:k的には「アンバサダープログラム」と名付けている様です。

※同じホビーレーサーの意見は聞きたい

 

このアンバサダープログラムは、日本だけではなく世界でスタートしています。

※なので、他の国にも同様にアンバサダーがいるらしい

 

そして、有り難い事に日本のアンバサダーに筋肉ブロガーが選ばれました!

※本当に僕で良いのかな?キャラ的にアンバサダーって感じじゃないと思うけど

筋肉ブロガーはホビーレーサーなので、耐久性やコストを含め、総合的にコスパが良い物を紹介して行こうと思う。

日本の代理店は「カワシマサイクルサプライ」

イタリアfi'zi:k社の日本代理店は、カワシマサイクルサプライ様です。

カワシマサイクルサプライと言えば、他にはPINARELLOやフルクラムを取り扱っている代理店さんですね♪

f:id:not_mechanic_yu:20210322105231p:plain

カワシマサイクルサプライが取り扱っている商品一覧↑

イタリア系のブランドを多く取り扱っているイメージ。 

オシャンティ代理店やなぁと思っています。

アンバサダーへ就任した理由

ここから、筋肉ブロガー自身の気持ちを掘り下げてみます。

恐らくだけど、アンバサダー就任のキッカケとなった記事はコチラ↓

not-mechanic-yu.hatenablog.com

筋肉ブロガーはここ3年程、スペシャのパワーサドルを使っていました。

※パワーサドルの以前は、セラサンマルコのアスピデを4年程使っていたけど

 

個人的には、どのサドルでも合うライダーなので、自身とサドルの相性で悩んだ事は無いけど、ADAPTIVEを使った時の感じがすこぶる良かった!

※詳しくはADAPTIVEのインプレ記事を読んでね

f:id:not_mechanic_yu:20210322114303j:plain

f:id:not_mechanic_yu:20210322114313j:plain

青マンボウ号とADAPTIVE

これがfi'zi:kに興味を持ったキッカケだった。

併せて、友人で「バイシクルショップMAIYO」のMAIYOさんから借用しているカラビンカに装着していたバーテープも同社製品だった。

f:id:not_mechanic_yu:20210322115207j:plain

Vento マイクロテックス タッキーの黒

今までのバーテープ遍歴だと「リザードスキン→スパカズ」だったが、Ventoを使っても感触が良かったのが決めてかな。

 

ただし、上記シューズとバーテープの感触が良かったたけで、シューズに関しては不明だった。

というのも、筋肉ブロガーはGIROエンパイアを長年愛用していたので、fi'zi:kのシューズを履いたことがなかったから。

※初めて購入したのがエンパイアだったので、かれこれ7年(2足目)のエンパイアユーザーです

 

いくらサポート頂けると言っても、自身に合わない物を無理やり使用するのも嫌だなぁと思っていたので、就任を迷っていたら、代理店より↓

  • まずは試着してみて下さい、それで合わなかったら無理に使用しなくても良いですよ♪
  • 筋肉ブロガーに合うシューズはあるので、全部サンプル送ります、キチンと履き比べて下さいね

と、代理店からの言葉も、就任の決め手の1つだった。

ライダーの事を考えているんだなと。

凄く悪い言い方をすれば、マーケティング先行の代理店である場合、ライダーの気持ち度外視してもアイテムを使用してSNSで拡散してもらえば良いからね。

※後、わざわざフィッティングに自宅まで来てくださったのも◎

 

筋肉ブロガーもホビーとはいえ、ライダーなので、自身とフィットするアイテムを使用したいです。

で、fi'zi:kの各アイテムを実際に使用してみて本当に良いと思ったので、使用する事にしました。

後、担当者と本音でお話できる環境も◎だったので、今回アンバサダーへ就任したのが本音です。

アンバサダー就任しました、で(読者にとってメリットって)何なの?

これブッコミネタかもw

他の方のアンバサダー就任って、筋肉ブロガー的には↓

  1. どうせ僕には商品提供されないじゃん(当たり前だけど)
  2. 良いことしか書かないんでしょ?

と思う、というか割りかしマジに思う。
1はスルーするとして、2は読者の方もマジで思っているはず。

 

なので、筋肉ブロガーは、2についてはポジティブに読者へフィードバックしていく

そんでもって毎回思うけど、2については今後↓

  • 良いことしか書かない当該商品が合うユーザーを明確にする

とすれば良いと感じている。

万人が100点満点というアイテムは、他メーカー含めて、ほぼ存在しないと思っています。

インプレする筋肉ブロガー自身も人間なので、メーカーやアイテムの相性はあるはず。

※なので、自分基準な意見になっちゃいます

 

筋肉ブロガー的には悪いこと(商品のネガティブな部分)も、他ライダーからすれば気にならないパターンも存在するはず、なので、正直ネガティブな点って個人的な意見だと感じています。

 

なので、筋肉ブロガーだと今後は↓

  • G社のシューズは幅広タイプの人はオススメ(ニューバランス的なやつ)
  • S社のシューズは幅狭いタイプの人はオススメ(NIKE的なやつ)

と、オススメできるユーザーを明確に説明すれば良いと考えています。

そうすれば、読者は無駄に商品を購入する確率も減るのかなと考えています。

※言い方を変えれば、無理に紹介するアイテムを購入しなくても良いし

 

繰り返すけど、筋肉ブロガーはサラリーマンホビーレーサーです。

なので、僕が商品を説明する視点はサラリーマン目線であるべきなのかなと思っています。

※特にコストや耐久性について

 

これからfi'zi:kのアイテムの良さを伝えていきますが、ホビーレーサーの方に響くようなアンバサダーになれたら良いなと思っています!

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する