筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【レースレポート】箱根ヒルクライムの鉄の漢部門に参加_20201004

スポンサーリンク

週末はレース前でバタバタしておりました。

どうも、筋肉ブロガーです。

Twitterにツイートしていましたが、先週日曜は「箱根ヒルクライム」へ参加しました。

 

ヒルクライムレースは人生で2度目で、昨年のあぶくま洞ヒルクライム以来のレースです。

今回はそんな、箱根ヒルクライムのレースレポートを記事にしました!

それでは、箱根ヒルクライム「鉄の漢」部門のレースレポートをご覧ください↓

レースサマリ

ワークアウト名

2020-10-04 10:35:11

開始時刻

2020/10/04 10:35:11

終了時刻

2020/10/04 11:30:34

走行時間

0:55:16

距離

13.31 [km]

獲得標高

1010.0 [m]

TSS™

81.9

IF™

0.94

インターバル・インテンシティ

100 [%]

消費エネルギー

875.7 [kJ]

平均スピード

14.5 [km/h]

最大心拍数

182 [bpm]

平均心拍数

175 [bpm]

最大ANT+パワー

530.0 [W]

平均ANT+パワー

264.1 [W]

NP™

272.5 [W]

最大勾配

12.7 [%]

平均勾配

7.3 [%]

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20201005182703p:plain

ペースは安定しているが、遅い

STRAVAのデータ

感想

AM5:00自宅発。

今回はチームメイトの「STINGER Z」さんと一緒に会場まで向かった。

STINGER Zさんとは、日本でもトップZwifter & CSJTTのロードレーサーでございます。

f:id:not_mechanic_yu:20201006131010p:plain

初代STINGERアイコン↑

そんなSTINGERさんと箱根へ。

時間ギリギリで受付を済ませ、レース開始まで4時間程あったので小休止を取った。

筋肉ブロガーはスチールフレーム&ホイール限定部門である「鉄の漢」部門へ参加した。

参加に際して、用意したマシンは↓

f:id:not_mechanic_yu:20201006131238p:plain

MAIYO x カラビンカ

ショッキングピンクなバイク!

DEDAの丸ハンが思いの外ドロップが深かったため、若干ハンドルをシャクって対応した。

※本当は下ハンと地面を平行にしたかったんだけど、ポジション的に無理だった

 

AM8:00、バイクの組み立て&ウェアに着替えて準備を行った。

STINGERさんも準備を行う。

STINGERさんは組んだバイクでその辺を走っていたが、帰ってくると↓

なんと!?まさかのeTap左レバーを固定するバンドが破断!

という訳で、とりあえずバックの中にあったインシュロックで固定した。

※だけど、結局固定できず。。STINGERパパのチタンバイクでレースには出走したらしい

 

STINGERよ、レース会場でも言ったけどバイクメンテはこまめにやっておけ!

※そしてレース前にeTapをぶっ壊すという、中々な伝説を残したなw

 

話を戻して、レース会場にはAM9:30には着いた。

知り合いもチラホラ居るが、基本クライマー。

なので体型もクライマーで、皆細長いライダーが多い。

※この時点でCXerの筋肉ブロガーは場違い感が否めなかった

 

レーススタート!同じ部門のライダーが一斉にスタートしていく。

そんでもって、最初から恐ろしい位のハイペース。

開始2分もせず、先頭からはドロップ。

ただ、先頭(恐らく2名)がダントツで速くて、その他ライダーは視界に捉えていた。

 

視界に捉えていた事と、後半垂れてドロップするだろうと思い、自分のペースで走ることにした。

※なお、パワメ未装着につき、どの位のパワーで走っていたかは不明

 

スタートして20分位で先行しているライダーは落ちてくるだろうと思ったけど、全然そんな事なかった。

というか、むしろ差が開く一方。。

コイツはマジでヤバいなぁと思いつつ、ペースを上げるのも厳しそう。

という訳で、ペースは一定で走ることにした。

※結果的には、後半は垂れたと思うけど

 

そして↓

f:id:not_mechanic_yu:20201005183731j:plain

ゴール前

からの↓ 

f:id:not_mechanic_yu:20201005183751j:plain

ゴール直後

もういっちょ↓  

f:id:not_mechanic_yu:20201005183808j:plain

写真だと余裕そうだな

なんとかゴール!

1時間は切ったけど、目標だった50分切りはならず。。。

55分台で、部門では9位だった。

 

個人的にはもっと良い順位を取れると思っていたけど、全然ダメだった。

これはマシンのせいではなく、完全に筋肉ブロガーの能力が低かっただけです。 

※50分高出力を出し続ける練習をしていなかったのもダメだったらしい

 

レース中はとても辛くて、ヒルクライムレースなんて2度とやらないとおもっていた。

だけど、目標を達成できなかったので、多分来年も参加するかな。 

 ※同じく鉄の漢部門に

f:id:not_mechanic_yu:20201005183828j:plain

←脳筋オレンジ 筋肉ブロガー→

友人の脳筋オレンジは50分台だった、そんで最高にマウントを取られまくったw

まぁ、僕ら2人の中では普段から「速い奴が何言っても良い」雰囲気なので、この日だけは脳筋オレンジのマウントを紳士に右から左へ聞き流していた

 

友人のお姉様方もゴールしていたので、ちょっとだけ写真を載せておきます。

f:id:not_mechanic_yu:20201005183901j:plain

f:id:not_mechanic_yu:20201005183916j:plain

f:id:not_mechanic_yu:20201005183927j:plain

Winspaceのお姉様方

1時間ちょいで登っていたので、筋肉ブロガーと10分も変わらない速度。 

ヒルクラって、やっぱ軽さが正義なのかな?

そう思いながら減量しようと思ったが、ブログのコンセプトと違うので辞めることにしたw

来年の箱根ヒルクライムこそ表彰台にたつぜ!

そして、減量よりもモアパワー!!筋トレしまくってパワークライマーに俺はなるっ!

 

<サポート>

ウェア(MAIYO):自転車 | Bicycle Shop MAIYO | 日本

サングラス(Redbull SPECT Japan):Red Bull SPECT JAPAN

ヘルメット(K PLUS helmet japan):NOVA – KPLUS ヘルメット Japan

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2020年のテーマは「筋肉は全てを解決する