筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2021年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本CX出場!

【レースレポート】CX清里 C1_2021-2022

スポンサーリンク

シクロクロス普及芸人

どうも、筋肉ブロガーです。

今回の記事は普及芸人らしく、CXのレースレポートを書きます。

沢山な方々より写真を頂いたので、写真多めのレポートとなります。

走った感想だけではなく、タイヤチョイスや空気圧も書いておくので、今後の参考にしてもらえれば幸いです。

良かったら読んでみて下さい。

それでは、清里CXのレースレポートをご覧ください。

レースサマリ

f:id:not_mechanic_yu:20211025124510p:plain

1時間8分全力走!

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20211025124550p:plain

心拍が途切れているのは無視でOK

感想

当日は轍屋のイケメン店長と一緒に移動。

清里は自宅~会場まで2時間30分だったので、AM6:30に迎えに来てもらった。

AM9時に到着。

到着するとC4のレースが丁度始まっていた↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025125135j:plain

去年よりも登りが増えた清里CX!の図

後輩の「脳筋オレンジ」も今季から本格的にCXを始めた。

なので、オレンジは清里が実質初のCXデビュー戦だった↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025125208j:plain

オレンジだけにオレンジ色が多い!の図

結果的には中盤位でゴールしていたけど、彼の実力からしたら物足りない。

多分舗装路と同じ感じで走っているから、トルクが抜けているんじゃないのかなと推測。

コーナーがクッソ遅いのは筋肉ブロガーと同じなので、踏めるストレート区間で正しく路面に入力出来ていないと思う、実際に一緒走ってないから不明だけど。

脳筋オレンジのレースを見つつ、着替えたりバイクの空気圧やタイヤのチョイスを考えていた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025125236j:plain

轍屋店長のBooneと筋肉Boone!の図

コースを歩いてみた感じは、登りと下りの複合コース。

筋肉ブロガーが苦手な高速コーナーは無かったので、自分にとっては向いているなと感じていた。

※筋肉ブロガーはパワーコース以外はクソ遅いです

タイヤと空気圧

当日は完全なドライコンディションだった。

なので、MUDタイヤは不要と考えた。

また、登りも長いコースだったので、できればノブが低いタイヤにしたい。

という訳で、「IRC シラクエッジ Xガード」を選択した。

※チューブレス・レディなホイールだよ

f:id:not_mechanic_yu:20211025151119p:plain

Xガード(クロスガード)と読みます!の図

空気圧は↓

  • フロント:1.7気圧
  • リア:1.8気圧

上記。

普段だと0.2~0.4位下げるけど、登りが多いので、今回の清里はタイヤのグリップよりも転がりが欲しかった。

という訳で、若干高めな空気圧で挑んだ。

試走

次に試走、午前試走は飛ばして午後試走のみ行った。

今回のレースだと、試走終了~15分後にレースだったので、ウォームアップも兼ねて試走した。

f:id:not_mechanic_yu:20211025151547j:plain

ザキさんの視線が熱い!の図

後ろに憎きザキさんが居るのは良いとして、試走では下記を注意しながら走った↓

  • 路面状況の確認(芝・砂の重さetc)
  • バリアーの高さ
  • コースの把握
  • タイヤの空気圧は適切か
  • コーナーで安心してバイクを預けれるか

最後のは表現が曖昧だけど、つまりチョイスしたマシンやタイヤ・空気圧が適切なのか確認した。

で、結論適切だと判断した。

これまた表現が曖昧だけど、筋肉ブロガーの場合だと、ダメな時はコーナー曲がる時に怖いし滑ります。

逆に良い時はその反対です。

しかしながら、良く曲がる(良い時)と思ったことは今まで一度もありません。

なので「特に問題ないかな?」と思った時が、個人的には良い時と判断しているのが本音です。

清里の時は、珍しくコーナーが怖くなかったので、調子が良かったのかもしれない。

それかMTBで走りまくったからかも、もう何が正解かは知らんけど良いなら良いかwって感じ。

レースレポート

ここからがレースレポート。

筋肉ブロガーのボディNo.は20。

大体3列~4列目スタートでした。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123258j:plain

筋肉ブロガーだけ違う所見ている!の図

スタートしていきなり登りなので「箱ヒルかい?」って思いながらスタートを待っていた。

そんでもって、久しぶりに緊張した。

今年初CXレースだったからなのかもしれないけど、スタート前に緊張したのは初めてかも。

多分だけど、緊張していた理由は自分に期待していたから。

今年は沢山練習したし、直近のZwiftでもパワーが出ているので、ある程度の順位は取りたいなって思っていたので、緊張していたと思う。

そんなこんなで、レース、もといデュエル開始!

f:id:not_mechanic_yu:20211025123317j:plain

デュエル!の図

いつもスタートが上手いSNELL向山さんの後ろについていた。

彼と同じリズムで走れたら、出だしは上手く行くと思っていた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123344j:plain

安定のスタートダッシュ遅い芸!の図

珍しく向山さんがクリートキャッチミスってた、で筋肉ブロガーは左右のどちらかから抜けば良かったんだけど、何もできずに埋もれた。

これは向山さんが悪いわけではなく、単純に筋肉ブロガーがスタートしてフリーズしただけです。

※その後、向山さんはスタートでスルスルと順位を上げてリカバーしてたので、流石だなと感じた

という訳で、スタートはいつもどおり後ろから。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123356j:plain

自撮り大先生とザキさんもいるね!の図

まぁスタートで埋もれるのはいつもの事だけど、清里はパワーコースと試走時に把握していたので、そんなに焦っていなかった。

というか、スタートして3周もすればペースが落ちると思っていたので、最初の3周だけ良いパックではしれたら良いなと思っていた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123953j:plain

ザキさんの写真多いな!の図

スタート時はザキさんの後ろを走っていたみたい。

で、1周目の下りで落車して吹っ飛んだ。

※下りでインから入った時に、競り負けてバイクコントロール出来なかった

で、ほぼ最下位まで落ちた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123412j:plain

1人ずつ抜くぞ!の図

落車→最下位→集団復帰ってMTBレースで経験してたので、そこまで焦らなかった。

というか1周目で良かった、最終周だったら順位が落ちてたと思うので、リカバリータイムが沢山あったのは、せめてもの救いだった。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123440j:plain

のどが渇いた!の図

f:id:not_mechanic_yu:20211025123432j:plain

ストロングゼロ水を飲みます!の図

幸い、落車してもバイクに傷は無かった。

併せて変速も問題なかったので、早々にリスタート。

追っていくと↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025124207j:plain

轍屋のイケメン店長を抜く!の図

店長を捕まえたので、一緒に上位パックを追おうよと説得。

筋肉ブロガーが直線引いて、コーナーは店長お願いね。

とレース中に話して、一緒に走ることにした。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123457j:plain

登りは筋肉ブロガーのターン!の図

で、激坂区間で店長はアディオスしかけたが、その後のコーナー区間で復帰を繰り返していた。

※そんだけ筋肉ブロガーのコーナーは遅いってことね・・・・

で、こっちはバリアー↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025123514j:plain

バイアー高いよ!の図

清里のバリアーはめちゃくちゃ高い。

というか、今までのCXで一番高い。

後、登りにバリアーしかけるなんて、いやらしいw

まぁ楽しいから良いけど、できれば後5cm下げてほしいのが本音!

f:id:not_mechanic_yu:20211025123533j:plain

はい飛び乗りしますよ!の図

その後、2周目で既に集団は崩壊していてバラけていた。

なので、やっぱ清里はパワーコースなんだなと感じた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123557j:plain

後ろの方としばらく走ります!の図

後ろの方と一緒に走りましょうとは言わなかったけど、10分位は一緒に走った。

後ろを見ながら走っていたけど、登りは筋肉ブロガーが速いけど、コーナーは後ろの方が速かった。

なので、今年もコーナーを速く抜けるのは課題だと改めて思った。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123616j:plain

サングラスはかけなかった!の図

後、今回の清里では敢えてサングラスをかけずにレースを行った。

理由は↓

  • 霧雨だったので、サングラスに水滴が付くのが嫌
  • 汗でサングラス内側がベタつくのも嫌
  • コース的に土埃が舞いにくいので、サングラス不要と判断

上記3点が、サングラスをかけずに走った理由です。

これは結果的に正解だった、サングラスの位置を修正etc、無駄なアクションを取る必要がないので、その分走りに集中できた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123627j:plain

ザキさんも載せとくよ!の図

2周目終わった時点で、全8周とアナウンスが流れた。

そして3周目位でザキさんが見えてきた。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123637j:plain

逃げるザキさん!の図

ザキさんがチラチラ見えてきてペースを上げたけど、彼も気づいてペースを上げた(と思う)

他の方のレースレポ見たけど、結果的にイナーメの子とバチバチやって、お互いの脚を削りあったっぽい。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123649j:plain

追う筋肉!の図

そんな事知らん筋肉ブロガーは、とりあえずザキさんを抜こうと思っていた。

だってC1上がって一度も勝ったこと無いから。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123702j:plain

登りつれぇ!の図

追う↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025123713j:plain

下りの路面はボコボコして走りにくかった!の図

追う↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025123723j:plain

インスタ映えだね!15日後にインスタアップしたよ!の図

そしたら↓

f:id:not_mechanic_yu:20211025123731j:plain

捕獲しました!の図

捕獲後、ザキさん(には一緒に走ろうとは言わずに)を抜いた瞬間、ペースを上げて千切ろうとした。

本気で一生懸命走ったので、実際に千切れたかは知らんけど。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123751j:plain

後半でアディオスしてたのが分かった!の図

残り2周位で、距離が離れているのが分かったので、抜いて20分くらいは後ろに居たと思う。

その位振り向く体力が無かった、というか彼に抜かれたら心が折れそうだったので、前だけ見て走ったというのが本音です。

その後はイナーメの高橋くんとパックになった。

彼のリズムは独特なので、千切れたと思ったら追いついてくる。

メンタル強いのか、ただのゾンビなのかは知らんけどw

一緒に走った感じだと、体力付けたら確実に上位行くだろうなぁと思う。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123801j:plain

おぉ!バイク倒せている!?の図

その後は、同じペースで淡々と走る。

最初は最後尾だったけど、少しずつ順位を上げて11位まで上がった。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123816j:plain

RCC太田さんに喝を入れられる!の図

多くの友人から声援をもらい、感謝しながらレースを走った。

一応、応援されたら答えるようにしている。

そしてレース中に感じたのは、筋肉ブロガーは本名で呼ばれないってことw

有り難い事なので良いんだけど、もう「筋肉さん」が定着したみたい。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123828j:plain

筋肉コールは嬉しいよ!の図

ブログ始めて3年で、自分の名前が筋肉になるとは思わなかった。

でも応援されるのは本当に嬉しいので、感謝しながら走ったのは事実です。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123925j:plain

激坂登っています!の図

f:id:not_mechanic_yu:20211025123847j:plain

ここの登りが一番つらかった!の図

その後のバンカー区間も嫌らしかった。

試走時は何とも無かったけど、レースが進むにつれてバンカーと芝の境目が深くなっていった。

なので、抜重ミスったらフロントタイヤがバンカーに刺さって吹っ飛ぶと思う。

f:id:not_mechanic_yu:20211025123909j:plain

この後の区間、バンカーが2つあります!の図

そして、ラスト2周のバリアー越えて、左足が攣りそうになる。

f:id:not_mechanic_yu:20211025124012j:plain

ここ!攣りそうになった箇所な!の図

なので、以降は左脚が攣らないように意識しつつ走った。

f:id:not_mechanic_yu:20211025124239j:plain

汗半端ない!の図

なんか写真が凄くいい感じだね、主に圧倒的な腹圧なとことかさ!!!

f:id:not_mechanic_yu:20211025124227j:plain

多分、ただのメタボです!の図

ラスト2周の時点で11位。

前にシモーネの河野さんとA-pad舟山くんが見えたので、二人抜いてシングル取るつもりだった。

で、ペース上げながらプレッシャーかけようと思ったけど、河野さんもペースを上げる。

絶対追いつくと思ったけど、最後は追いつかずに11位でフィニッシュ!

f:id:not_mechanic_yu:20211025124253j:plain

初めてラップされずに完走したかも!の図

1位の宮津くん、尊敬する臼○のヵ○藤くんetc、速い面々が揃っている中で、ラップされずに完走できたのはちょっとした収穫だった。

まだまだ上位陣と競るのは程遠いけど、少しずつステップアップしていこうと思う。

おじさんは執念深いので、彼らがおじさんになるまで追いかけ回そうと思います。

最後に、会場で応援くださった方々、本当にありがとうございました!

応援頂いたので、ラップされずに完走する事ができました!

次回は野辺山CXなので、それまでに更に強くなるよう、筋トレ頑張るぜ!!!!

そう思ったのが、清里CXのハイライト。

 

<サポート>

ヘルメット:KPLUS NOVA

ウェア:Champion System APEX サマースキンスーツ

シューズ:fizi:k VENTO INFINITO X1

バーテープ:fizi:k マイクロタッキー 2mm

サドル:fizi:k TERRA X3

サイコン:Wahoo ELEMNT ROAM

時計:Wahoo ELEMNT RIVAL

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する