筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2023年も目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【グラベル】2024年のビーチクロス試走

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

ようやく記事をリリースする頻度・速度が上がってきた。

やっぱ記事も書かないと、1記事を投稿する速度(記事を書き上げる時間)が遅くなっちゃう。

なので、定期的に記事を書くのは、改めて大事だなって思った。

という訳で、先週末の土曜のお話を記事にしました!

良かったら読んでみて下さい。

それでは、2/17のトレーニング内容をご覧ください。

トレーニングサマリ

STRAVAより抜粋!の図

ペダリングモニター

なし

時系列グラフ

秘密

感想

昨年、国内で初開催の「ビーチクロス」。

ビーチクロスって何なの?って方は、以下の公式HPで確認してみてね↓

beachcross.jp

名前通り、ビーチ(なので海岸沿い)を走るレースです。

2024年も開催するみたい。

でもって、ビーチクロスを国内へ持ってきたのは、Champion System Japan代表の棈木さん。

なので、2023年のコース監修も棈木さんが行っていた。

そんで、2024年は昨年と違うコースにするっぽいので、この日は実際に走るであろうコースの試走に行ってきた。

チームからは以下のライダーが参加した。

  • 棈木さん(GIANT TCX)
  • 筋肉ブロガー(YOELEO G21)
  • タイムテーブルのザキさん(SWORKSのMTBの一番高いやつだと思う)
  • 妙子さん(GIANT TCX)

つまりCX/GRAVEL/MTBで試走した。

なので、試走で各々のバイク特性の違いが分かるってことだね。

※ネタバレすると本番のレース機材選定が楽になるので、今回は記載なしです

まずは事前打ち合わせを行う。

棈木さんより、この日のコースや目的をチーム員へ共有している!の図

何事も事前打ち合わせは重要です。

てな訳で、棈木さんが丁寧にチーム員へ目的etcを共有していた。

なので、試走ライダーが行うべきことが明確になって◎だった。

そして実走。

の前に↓

空気圧チェックは必須だよね!の図

筋肉ブロガーはVittoria MEZCAL44cをチョイス。

持ってきたバイクは、MAX53cまで入るフレームです。

で、MEZCALの空気圧は前と1.5barで走り始めた。

感想を即座にフィードバックしている!の図

全て事前に打ち合わせた内容どおりに事が進むかというと否。

なので、試走してみて変更すべき点は、即座に棈木さんにフィードバックした。

これは筋肉ブロガーだけではなく、他ライダーも同じくフィードバックしていた。

こうやって、皆が満足するコースが出来上がるんだなぁと思いつつ、コースルートを考えるだけでも、主催者は相当考え抜いているんだなぁとも思った。

ザキさんが無双しています!の図

そして、実際のレース強度で走る。

実際のレース強度で走る事で、1周あたりにかかる時間が分かる。

足切りタイムや、周回数も、こうやって決まっていくと実感した。

グラベルバイクの背景が海!に似合うねぇ!の図

試走だけど、マジで走った。

オーバートレ明けなので、パワーは出ないと思っていた。

だけど、謎にパワー出まくっていた。

砂重い!の図

去年のビーチクロスは優勝できたけど、今年は優勝できるかわからない。

更に強いライダーが参戦したり、機材の最適化を行うライダーも多いハズ。

なので、筋肉ブロガーもトレーニングと機材選定は入念に行う事とします。

※機材の選定は概ね終わったけどねw

てな感じで、サクッと2時間走って終了。

2時間もビーチを走るって、中々経験できないよねw

と言いつつ、チーム員と写真撮影しておいた↓

フォトスポットですよ!の時

今年のビーチクロスも目が話せないぜ!!!

機材チョイスが、勝率を上げる重要な要素とみた!!!

そう思ったのが、2/17のハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2024年のテーマは「筋肉は全てを解決する