筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2021年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本CX出場!

【Zwift】バーチャルでも登りは嫌いだ

スポンサーリンク

次戦は野辺山CXシングルスピード。

どうも、筋肉ブロガーです。

今年は全日本CXマスターズMM35-39参戦の為、JCXシリーズの参加は不可。

なので、AJOCCだとC1、JCXだとMM35-39があるレースのみ参戦可能。

※多分今年はJCX MM35-39は開催されないっぽい

という訳で、幕張は不参加で野辺山が次戦となります。

でもって、本題へ。

10/20もZwiftトレを行ったので記事にしました。

良かったら読んでみて下さい。

それでは、10/20のトレーニング内容をご覧ください。

トレーニングサマリ

f:id:not_mechanic_yu:20211028141655p:plain

シマノコネクトより抜粋

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20211028141735p:plain

シマノコネクトより抜粋

感想

この日もワークアウト+Zwiftレース。

本当は1時間ワークアウト、その後にZwiftレースをしたいところ。

理由は練習ボリュームをワークアウトで稼いで、Zwiftレースで高強度トレーニングを行うって感じ。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111016j:plain

アップだぜ!の図

Zwiftレースばかりやると、高強度トレに偏りそうなので、L2~L4のワークアウトもじっくりやっておきたい。

ベースを作りつつ、高強度も叩けるボディになりたいので、色んなゾーンをトレーニングしておきたい。

後、ダイエット目的w

f:id:not_mechanic_yu:20211027111025j:plain

TSS29

普段より短いアップだったので、ガッツリ高強度入れて終了。

からの↓

f:id:not_mechanic_yu:20211027111033j:plain

デュエル スタンバイ!の図

筋肉ブロガーがどこにいるのか知らんけど、スタンバイしておいた!

f:id:not_mechanic_yu:20211027111043j:plain

なかなかハイペース!な図

基本フラットなコースだけど、所々アップダウンがある。

でもって、アップな所でアタックが頻発。

なので、都度集団のペースが上がって辛かった。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111050j:plain

赤いの多いな!の図

いつもは受け身だけど、たまには逃げてみようかなって思い、単独逃げ!

しかしながら2分位で集団に捕まってしまう。

6倍近く踏んでも集団の方が速いので、集団パワーが強いって事を実感した。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111316j:plain

終盤もアゲアゲでペースが上がった!の図

レース終盤は牽制がかかるかなと思ったが、ガッツリペースアップ。

だけど、登りで40秒6倍くらいなので、ギリギリ耐えれる。

登った後は下るんだけど、登りで千切れても下りは集団パワーで先頭復帰は楽に行ける。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111324j:plain

焦らず後ろでツキイチ!の図

なので、最終周回までは集団後方で脚を溜めていた。

なるべく後方で。

JBCFだったら絶対後方で走るなんてしないけど、Zwiftだったら落車する事ないので、安心して後方で走れる。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111331j:plain

最後は前に出るよ!の図

そして最終スプリント!

1位の方が早駆けしたので、彼に合わせてスプリントを開始。

結果は↓

f:id:not_mechanic_yu:20211027111340j:plain

3位!の図

スプリントに負けて3位。

着ったから良いけど、やっぱスプリントは苦手だ!

後、登りも苦手。

f:id:not_mechanic_yu:20211027111347j:plain

TSS86

Zwiftレースを重ねていくうちに、少しずつ攻略法が分かってきたような気がする。

下りと平地は集団後方でドラフティング。

登りも後方でドラフティングできれば良いけど、集団がバラける可能性があるので、できれば前に位置とっておく。

スプリントはハンドル壊れるくらい踏め!(って友人のSTINGER Zが言ってた)

毎回思うけど、Zwiftは本当に良くできたアプリだわ~

是非Zwiftの取材とかしてみたい、もちろん無料で。

そう思ったのが、10/20のハイライト。

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する