筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【シクロクロス】自身がエントリー可能なカテゴリーを把握しよう(女子編)

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

月末からレースが続きます。

てな訳で、ニセコ後に休みまくって怠けたボディに喝をいれている最中です!

そんでもって、今回もCXのカテゴリーについて調べてみました。

良かったら読んでみて下さい!

それでは、CXカテゴリーの女子についての記事をご覧ください。

前回の記事

下記URLの記事は、筋肉ブロガーが書いた記事です↓

not-mechanic-yu.hatenablog.com

前回は成人男子とマスターズについて書きました。

めっちゃ分かりやすく書いたつもりですが、分かり難かったみたいです。。。。。

※申し訳ない、もっと分かりやすく書けるよう努めます。

今回は女子のカテゴリーについて書くよ

タイトル通りだけど、女子のカテゴリーについても書いてみます。

 

全然関係ないけど、我が息子はウルトラマンにハマっております!の図

普段だと自分目線、つまり成人男子&マスターズの事しか書かなかった。

だけど、自分の事を「シクロクロス普及芸人」と言っている位なので、他カテの事も書いてみようと思います!

それでは、まずは女子カテの説明から行います!

超絶分かりにくかもしれないが、しっかり読んで自身がどれにエントリー可能なのか把握しましょう!

19歳~29歳の女子は、実力別カテへエントリーしましょう

俗にいう「女子実力別カテゴリー」ってやつです。

AJOCC公式HPの文章を引用すると↓

 CL1(17歳以上) 45分 または 40分
 CL2(中学生以上) 30分
 CL3(中学生以上) 15分

カッコ書きの「○○歳以上」って文言のせいで、既にややこしいなって思っている。

※これは後述しますが、18歳以下の女子も実力別カテに参戦は可能だよ(年齢によって、参戦カテゴリーの上限があります)

CL3とCL2には「」が付いている為、女子はCL2から参戦する事も可能です。

だけど、マジよりなマジでCX初心者な方は、CL3から参戦する事を勧めます。

※MTBのCJ等で着ってたりしたら、CL2からスタートしても良いかもだけど

そんでもってビックリしたのは、CL3の競技時間15分なんだね・・・・・・

多分、各CXコース2周くらいしか出来ないので、たくさん走りたい人はCL2にエントリーするのも良いかもです。

でもって、女子カテは上からCL1>CL2>CL3の順番です。

実力別って事なので、実力で優勝してトップカテのCL1に上がれるようチャレンジしてみて下さい!

今季から女子マスターズカテゴリーが新設された

全日本選手権にはあったけど、AJOCCレースにも女子マスターズカテが追加された。

まぁ年齢なんてただの記号やけどな!by叶姉妹!の図

下記はAJOCC公式HPを引用↓

WM 30分
・女子マスターズは30歳以上が選択可能であり、シーズンを通じてマスターズで出走すること。
ただし女子マスターズが開催されない場合はCL2またはCL3を選択して出走することができる。

そんな新設されたカテゴリーについて、筋肉ブロガーが紐解いていくっ!

実はコイツもデュエリスト!の図

女子マスターズは30歳以上

上記。

男子マスターズと違って、女子マスターズは30歳以上~参戦可能です。

※男子マスターズは35歳以上~

男子みたいにマスターズ年齢別カテは無い

そもそも女性がCXレースに参戦する母数がクッソ低いです。

10名以上の参戦とか、多分JCXとかしか無いんじゃね?って位いないです。

敬愛するドンパッチさん!の図

上記を鑑みた施策なのかは知らんけど、女子マスターズには「MM35-39,MM40-44」みたいな年齢別カテはありません。

30歳の方も50歳の方も同じマスターズカテで走る事となるので、今の内に心臓叩いておいて下さい。

場合によってはシーズン中でもマスターズ→実力別へエントリー可能

以下はAJOCC公式HPの文章を引用、かつ該当する文章のみ色を変更してみた↓

女子マスターズは30歳以上が選択可能であり、シーズンを通じてマスターズで出走すること
ただし女子マスターズが開催されない場合はCL2またはCL3を選択して出走することができる。

1行目と2行目で相反する事を書いているので、クッソ分かりづらいけど↓

女子マスターズへ参戦した方は、下記〇〇択の中から、自身が参戦可能なカテを選択しないとダメです↓

  1. 女子マスターズが開催される場合:女子マスターズ
  2. 女子マスターズが開催されない場合:CL2 or CL1
  3. 女子マスターズ&実力別が開催される場合:女子マスターズ

上記。

18歳以下の女子は、ジュニアカテの参戦が可能

女子も年齢によっては、実力別ではなくジュニアカテへ参戦できます↓

 WJ(17〜18歳 女子) 40分
 WU17(15〜16歳 女子) 最長30分
 WU15(中学生以上〜14歳 女子) 最長30分

身体が出来上がっていない未成年の女子vs成人女子だと、骨格や筋肉的に成人が有利だよね。

って事を鑑みていると思うが、18歳以下の年齢別カテ(ジュニア)があります。

大人なお姉さんとデュエルするのは怖いかもしれないので、年齢別カテに参加するのも良いと思うよ♪

この方は大人のお姉さんこと、通称サーシムパイセン!の図

キッズカテゴリーもあるよ

最後にキッズカテ。

WJだと中学生以上~大学生以下って感じだけど、こっちは小学1年~6年まで。

多分だけど、キッズカテは男女混合デュエルだと思う。

なので、小学生女子は、男子に勝てるように頑張ろう!

女子シクロクロッサーも増えて欲しい

男子もだけど、そもそも(ロード選手)CXerは圧倒的に少ないです。

CXという競技が、ロード選手から見ると特殊だと思います。

実際、筋肉ブロガーもCXを始める前は下記の事を思っていた↓

  • 毎回ドロドロになるんでしょ
  • バイクが汚れるので参戦したくない
  • スピードが速くないので、楽しそうじゃない
  • スギケンという訳わからん人が、実際やった事ないのに出たくないっていう

的なサムシングで、何となく泥で汚れて大変な競技だと思っていた。

だけど、実際はそうでもないし、競技しているレーサーも温かくて、凄く楽しめるなぁって実感している。

話を戻すと、特に女性は参加人数が少ないので、優勝しても昇格できないなんて事もザラにある。

傍から見てて、優勝したのに昇格できないって可愛そうだなと思う。

また、女性の横のつながりができるって事もあると思うので、迷っている人は是非参戦してみて欲しい。

そして↓

  • だれかシクロクロス女子ってハッシュタグつけてようぜw

「#ロードバイク女子」「#ヒルクライム女子」「#ロードバイク夫妻」なんてハッシュタグを見かけるが、個人的には#シクロクロス女子を見かけたいぜ!

そう思ったのが、女子カテの記事を書いてみたハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する