筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【レースレポート】参戦!!!野辺山シクロクロス シングルスピード部門

スポンサーリンク

シクロクロス普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

タイトル通りですが、今季2戦目のCXレポートは野辺山となります。

多くの方に写真撮影頂いたので、写真多めでレポートしますね!

ようやくロードシーズンも終わりに差し掛かり、これからCXシーズンが本格的にスタートします。

既にCXバイク持っている人、並びにこれからCX始めたい人も当レースレポートを読んでみて下さい、多分知らんけどCXが楽しいって事が分かると思います。

良かったら読んでみて下さい!

それでは、野辺山CX SSカテゴリーのレースレポートをご覧ください。

レースサマリ

f:id:not_mechanic_yu:20211116110222p:plain

もう1周走りたかったなぁ

ペダリングモニター

無し

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20211116110258p:plain

後半垂れてる?

感想

AM3:00起床。

筋肉ブロガーは当日に現地入りって事で、AM4:00に自宅を出発した。

そんでもって、野辺山にはAM6:30に到着。

※師匠、運転して頂き感謝してます

野辺山の気温は1℃、土は霜で凍るくらいなのでクッソ寒かったof寒かった。

筋肉ブロガーはAM10:30~のレースにつき、午前試走のみ。

なので、朝試走を行うべく早めに現地入りした。

f:id:not_mechanic_yu:20211116122910j:plain

分かり難いけど、後ろの牛はクッソでかい!の図

使用するマシンはTREK Boone5 Disc。

というかBoone5しか持ってないけどねw

後ろに写っている牛?がでかすぎたので、記念撮影しておいた。

写真で見ても牛のデカさが伝わないけど、イメージは↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116152440p:plain

↑くらいのデカさ!の図

本気でデカかった、しかも俊敏!

時折インターバルトレーニング的な感じでダッシュするんで、本気だしたら木のゲージは破壊すると思う、これマジで。

f:id:not_mechanic_yu:20211116122948j:plain

受付!の図

とりあえず試走!

って事で、皆ジャージ着用で試走している中、ジャケットにジャージで試走しておいた。

※だって寒かったから

師匠はジーパンで試走していたので、筋肉ブロガー達だけバイクロアのノリで試走したっぽい。

からの↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116122933j:plain

受付!の図

筋肉ブロガーはSS(シングルスピード)といって、後ろのギアが1枚限定のレースへ参戦。

一応ライセンスカードを持っていったけど、無しで受付できた。

だけど、念の為ライセンス提示して受付した。

※後で何か言われるのも嫌だったので、提示しておきました

受付終わって、友人のC4レースのサポートを行った。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123028j:plain

けんたさん「さん」の図

友人のけんたさん(さん)も野辺山に参戦!

胸にGopro忍ばせてレースに参戦するつもりだったが、野辺山は胸カメラの装着はNGとの事で、泣く泣くカメラ無しで走る事になってた。

※Youtuber的には撮れ高が・・・・

f:id:not_mechanic_yu:20211116123041j:plain

Zelkova x2!の図

こっちはZelkovaのメンバー。

泥のドロップ怖ぇ!」って連呼してたので、とりあえず降車~ランでパスしてねってだけアドバイスしておいた。

後は、レース直前までウィンドブレーカーを着てもらい、彼らのウェアをレース直前で回収しておいた。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123059j:plain

ひょっこりはん、気づいていない!の図

こっちはひょっこりはん事Zwiftチャンプ。

とりあえず隠し撮りしてたら↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116123112j:plain

しっかりキメるところは流石!の図

キッチリキメ顔でポージング!

なので写真撮っておいた!

ちなみに撮影した写真を本人に渡すの忘れてた、今記事書きながら思い出したので、後で送っておく!

てな感じで、C4の友人達をサポート。

その後はテントに戻る。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123133j:plain

こっちはC3に参戦する石川さん!の図

テントは友人のザキさんの所へお邪魔した。

Day2もお邪魔したけど、友人からサポート頂くのは本当に感謝しかない。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123147j:plain

右のシフトができないよう、インシュロックで固定した!の図

他の人のサポートをしつつ、自分の準備も行った。

繰り返すけど、筋肉ブロガーはSSクラスへ参戦。

という訳で、リアのギア比を固定する必要があった。

普通はスプロケット1枚で参戦するが、筋肉ブロガーは普通に11枚装着。

当然、11枚使って走るのはNGのなので、リアのシフトができないように、インシュロックで固定。

※野辺山CXの運営に事前問い合わせしておいたので、この仕様で問題ないとの事

 

併せて、タイヤはVittoria TERRENO MIXを使用した。

理由は、霜が溶けて一部路面がマッドコンディションになっていたから。

と言いつつ、マッドタイヤにする必要もなかったので、バランスが良いMIXを選択。

空気圧は「F1.68/F1.75」にした。

理由は、砂利区間で少しでも滑らないようにする為。

なので、フロントが滑らないように空気圧は低め。

逆にリアはトラクションかけたかったので高め、まぁリアが滑っても問題ないって事もあったけど。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123209j:plain

↑はスプロケット1枚!の図

と言いつつ、実際他ライダーのギア比がどれくらいなのか分からなかった。

そんでもって若干不安になったので、近くでアップしていたSSライダーさんにギア比を聞いてみた!

f:id:not_mechanic_yu:20211116123225j:plain

ギア比は2.0!の図

覚えている限りのやり取りだと↓

  • 筋:後ろのギアは何使っていますか(何t使っていますかと言いたかった)
  • 紫:ギア比は2.0です
  • 筋:(ギア比2.0って何だ?)あぁ2.0ですね!!!
  • 紫:コッシーさんのブログ読んでギア比真似しました!
  • 筋:(コッシーさんて誰だ?)あぁコッシーさんですね、ありがとうございます!

てなやり取りで、ギア比の値もコッシーさんも良く分かっていないけど、ギア比2.0というのが、SSライダーの基本値っぽいのは分かった。

※レース終わって分かったが、コッシーさんは関クロでクッソ速いSSライダーです(本名は知っていた)

f:id:not_mechanic_yu:20211116123238j:plain

OVER BLAST FINISHを注入するぜ!の図

SSの出走時間は30分。

という訳で、レース直前に「OVER BLAST FINISH」を摂取する事にした。

tandrstyle.com

師匠からオススメされたので摂取したけど↓

  • 師:30分限定で悪魔的なパワーを発揮できるよ!
  • 師:だけど、30分でエネルギー切れになるので、レース直前で飲んでね!

なので、レース直前に摂取しないとエネルギー切れで垂れかねない。

ちなみに昔の名前だと↓

  • OVER BLAST ラストキロメーター

だったらしい、筋肉ブロガー的にはラストキロメーターの方が好きなんだけどねw

※強制トランザム誘発剤的な感じでw

っと話が脱線したので、OVER BLAST FINISHに戻す。

CXer的には、FINISHは使い勝手が良いかと思う。

特に競技時間が30分のC4,C3ライダーとか◎!

最初から強制トランザム(OVER BLAST FINISH)って、全開で走って優勝!!!

みたいな使い方も可能と考えた。

 

C2やCL1だと30分は時間的に足りていないので、その場合は別シリーズ「OVER BLAST NO CRAMP」にすれば良いと思う。

tandrstyle.com

こっちは水で薄めて飲んでも大丈夫なので、事前にボトルに仕込んで、少しずつ摂取するのも良いと思う。

てな感じで、STC製品をオススメしておいた。

※筋肉ブロガーはSTC様からサポートは受けておりません!!!

そんな具合で、個人的にはOVER BLAST FINISHは良いなと思ったので、全日本CX MM35-39でも使用する。

※レーススタートして10分後に摂取すればOK

 

そんなこんなしていたらレーススタート1分前↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116123836j:plain

ロン毛金髪ヒゲおじさん!の図

他ライダーのギア比は2.0だったが、筋肉ブロガーは2.0?のギアを踏める自信がなかった。

なので、1枚軽くしておいた。

ちなみにギア比は知らんけど、F40/F22だったと思う。

f:id:not_mechanic_yu:20211116122852j:plain

真ん中のジーパンライダーがコッシーさん!の図

スタート前に「関クロでめっちゃ強いSSライダーがいるので、筋肉さんも頑張ってな!」って言われてたが、オーラで強い人は分かった。

そしてレース、もとい↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116123904j:plain

デュエル!の図

スタート時点で他ライダーは爆走!

筋肉ブロガーも爆走!と思ったけど、ギアが回りきって全然進まない!

という訳で、スタートは諦めた。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123928j:plain

ここからインフィールドへ!の図

スタートはほぼ最下位。

だけど、インフィールドと登りでライダーをパス出来ると思っていたので、特に焦らずにレースを走った。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123939j:plain

1周目の登り終わりで4位!の図

インフィールドが終わると、200m位の登り。

ここで一気にパスして4位へジャンプアップ。

以降は下りと砂利区間。

砂利区間で踏みすぎると、コーナーで滑って落車する。

なので、この区間は極力フロントタイヤを寝かさないように走った。

リアタイヤはガッツリ滑ってたけど、CXってそんなもんなので、気にせず走る。

f:id:not_mechanic_yu:20211116123959j:plain

以外とフライオーバーもシングルで登れた!の図

フライオーバーは登れないかなぁって思っていたけど、普通に登れた。

CX1年目の時はギリ登れたけど、今年は楽に登れたのは収穫だったな!

※年々、自分が少しずつ成長しているって実感した

f:id:not_mechanic_yu:20211116124150j:plain

フライオーバー後のウッドチップ区間!の図

ウッドチップ区間区間も普通にパス。

ドライコンディションという事で、チップに水分が含まれていない感じだった。

なので、特に路面が重いって事は感じなかった。

※シングルなので、ギアが回りきっている事も影響していると思うが

f:id:not_mechanic_yu:20211116123949j:plain

インフィールドも濡れてないので怖くない!の図

インフィールドもいい感じ。

コーナー箇所の芝が刈り取られていなかった事もあって、グリップしないとは一切思わなかった。

それと、Vittoria TERRENO MIXとコースの相性が良かったのかなと思っている。

※マジでVittoria良いよ

f:id:not_mechanic_yu:20211116124016j:plain

バリア後の飛び乗り!の図

バリアは降車でパス、というかバニホできないから降車しかないけど。

1位のコッシーさんと3位の方は普通にバニホでクリアしていたらしい。

なので、SSカテのトップライダーはバニホ必須なのかもしれない。

特にレースが速く流れるパワーコースだと、乗車率が高い方が有利なので、バニホ出来る人は勝率がグッと上がると実感した。

そんなこんなで、毎周回1人ずつパスしていた。

なので、3周回目には2位へ上がった。

1位のコッシーさんとも、徐々に差が詰まっていたので、スタミナは筋肉ブロガーの方がありそうなだと。

で、ラスト4周回で2秒位に追いついた!

ワンチャン抜けないかなぁと思いながら走ったけど↓

f:id:not_mechanic_yu:20211116124025j:plain

抜けなかった!の図

抜けずに2位、多分2秒~4秒位差があったと思う。

リザルトがAJOCCに乗っていないので不明だけど、多分そんな秒差だったはず。

※気になる人はBikin tvで確認しよう!

f:id:not_mechanic_yu:20211116124037j:plain

おじさん疲れたわ!の図

からの表彰式!

f:id:not_mechanic_yu:20211116124055j:plain

相変わらずのシルバー!の図

左からバニホできない筋肉、バニホできるジーパン、バニホできるダズルイケメン。

なので、筋肉ブロガーもバニホしたいなぁって思った!

※一生できないと思う

表彰に載っているライダー全員C1っぽいので、実質SSクラスもC1ライダーと戦っているのと同じだと思った。

f:id:not_mechanic_yu:20211116124124j:plain

金のカウベルゲットだぜ!の図

メダルではなく、カウベルがメダル代わりってのは◎
2位だから銀かなって思ったけど、金色のカウベルってのも◎

というかCXで表彰台なんて久しぶり過ぎたので、マジで嬉しかったかな!

今年は全日本CX MM35-39へ参戦するので、JCXの野辺山は参戦できなかったけど、SSクラスを走れて大満足だった。

後、周囲のライダーが今年の筋肉ブロガーは走れているよって声が多かったのも収穫。

特にCXでの練習をしている訳では無いけど、速かったら良いや!って感じです。

サポート

最後に製品サポートについて。

筋肉ブロガーが使用しているアイテムを記載しておきます。

良かったら使ってみてね♪

  • ヘルメット:KPLUS NOVA
  • サングラス:RedbullSPECT PACE
  • ウェア:Championsystem APEXサマースキンスーツ
  • サイコン:Wahoo ELEMNT ROAM
  • 時計:Wahoo ELEMNT RIVAL
  • シューズ:fizi:k VENTO INFINITO X1
    バーテープ:fizi:k マイクロタッキー 2mm
    サドル:fizi:k TERRA X3

まとめ

ようやくコロナも収束に近づいてきたけど、まだ油断できない。

そんな中、レースを開催下さった運営には感謝しなければならない。

そして会場で筋肉ブロガーを応援下さった皆さん、本当にありがとうございました!

皆さんの応援のお陰で、良い走りができたと思います。

次は優勝できるようにがんばります!

そう思ったのが、野辺山CX SSのハイライト。

 

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2021年のテーマは「筋肉は全てを解決する