筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【CX/グラベル】最近使用しているアイテム紹介_チェーンリング編

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人

どうも、筋肉ブロガーです。

またまた紹介記事を書いてみます!

タイトル通りですが、今回はチェーンリングについて。

筋肉ブロガーが使用しているリングを紹介するので、良かったら読んでみて下さい。

それでは、チェーンリング紹介の記事をご覧ください。

SRAM FORCE1 40tのチェーンリング

最近まで使用していたのは、SRAMのチェーンリング↓

黒x銀色ってのがカッコよくて◎

筋肉ブロガーのTREK Boone5は、フロントシングル仕様につき、チェーンリングは1枚です。

重量は後で載せるとして、使用していて不満は何も無いです。

ですが、バイクの軽量化でも行おうかなって思い、今回チェーンリングを交換してみた。

Digiritのカーボンチェーンリング40t

でもって交換後のチェーンリングはコチラ↓

オールカーボンだぜ!の図

全体図だとわかりにくと思うので、アップの図だと↓

マジで全部カーボンだよ!の図

日本の問屋さんは「ノバコローナ」さんです。

一応HP載せておきます↓

novacorona.com

Digirit自体は台湾のメーカーだけど、日本にも代理店はあるよ。

筋肉ブロガーは、まだDigiritが流行る前から同社のリングを使用しています。

※というか、CXでカーボンチェーンリング使用している人っているのかな?

実際にレースシーズンのみの使用で、2シーズン使ったけど、今のところ特に不具合は無い。

でも、普段使いでどれだけ耐久性があるのか?

そしてグラベルで使用できるのかetcが気になったので、常用する事にしました。

チェーンリングの重量比較

でもって、各チェーンリングリングの重量も比較してみた。

申し訳ないのは、一部チェーンリングボルトを装着しているので、正確なリングの重量ではないこと。

※でも数gの誤差だと思うけど

なので、各リングの軽さを知りたい方は、参考がてら読んでみてね↓

SRAM RIVAL1 42t:99g

このリングだけ、端数42tです!の図

SRAM RIVAL1だと、約99g。

SRAM FORCE1 40t:85g

RIVAL1よりも14g軽い!の図

RIVAL1ちょっとだけ軽いです、これがマージナルゲインってやつなのかね。

Dgirit 40t:73g

でもって、Digiritさんは↓

おぉ!軽いね!の図

めっちゃ軽い!って言っても、FORCE1よりも12gだけど。

しかしながら、塵も積もれば山となるってことわざもあるので、軽量化もコツコツとやって行こうと思います。

ついでに、ニセコ終わって飲み食いして体重が爆上がりしたので、そっちもコツコツと軽量化していこうかなw

そう思ったのが、7/5のハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する