筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【グラベル】グラベルの装備について考え始めた

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人

どうも、筋肉ブロガーです。

最近、小出しにインプレやHowto記事を出すように心がけています。

※ガッツリインプレや、Sumally記事は後から書けば良いかなって感じです

そんでもって、今回は来る王滝に向けての記事です。

グラベルレースに出る前に、そもそも何の準備が必要なんだっけ?

って思ったので、筋肉ブロガーの考えを少しずつ書いてみようと思います。

※なお、以降記載する考えが正しいかどうかは不明なので、自身で良し悪しは判断してね♪

てな訳で、良かったら読んでみて下さい。

現状のグラベル装備

まず現状の装備、というか今グラベル走っている状態は下図↓

バッグ類、一切持っていないね!の図

バッグ等の装備は所持しているが、舗装路のみの場合だと使わないです。

ボトルケージに携帯工具やチューブを入れるだけで、特に不満はない。

正確に記載すると、携帯工具の内訳は↓

  • チューブx1
  • ツールキットx1
  • Androidの充電ケーブルx1
  • iPhoneの充電ケーブルx1
  • ディレイラーハンガーx1
  • CO2ボンベx1
  • タイヤレバーx2
  • お守りx1

上記を所持。

追加で、背中に補給食と携帯・財布・モバイルバッテリーを入れて走っている状況です。

近所を走る位ならばOKだけど・・・・

この状態で走っている事を、王滝グラベル2位の轍屋店長に話すと↓

  • 圧倒的に装備不足だよね、それだとリカバリーできなくなるよ
  • ボトル1本なの?レース中に水無くなるよ?
  • CO2ボンベ1本なの?全後輪パンクしたらオワコンでしょ
  • 背中に背負っている物多くね?長時間走っていたら疲れるよ

etc、多くのダメだしじゃなくて指摘を頂いた!

近所を走る分によ良いんだけどね!の図

確かに、普段困った時に友人から○○を借りれば良いやって気持ちも少なからずあった。

でもレース中だと、そんな余裕はないよね。

というか、誰も貸してくれないと思う(敵に塩は送らないよね)

てな訳で、考えを改めると共に、王滝含め、いかなる状況にもセルフリカバーできるように装備を整えていこうと思います。

コンセプトは「見た目スッキリ!」

グラベルも、グラベルライドやグラベルレースと、走り方にも色々あります↓

(轍屋)これは少なすぎじゃね!?の図

筋肉ブロガーは、テントや寝袋を背負って走るライドは基本的にしないと思う。

どちらかといえば、グラベルレースを走りたいです。

なので、できるだけ必要最低限だけど、あらゆる状況にも対応できる準備を行っていくつもり。

そして、できれば軽くて各装備の面積は小さく(エアロも鑑みて)したいなって思う。

※ちなみにコストは気にしないと思う

グラベルライドではハンドルバーバッグやトップチューブバッグを使用するけど、王滝では必要なのか不要なのか不明。

なので、王滝前までに色んな所を走って検証したいと思います。

おそらくですが↓

  • グラベルライドでは○○の装備は良いが、レースだと使用しない(過剰品質)
  • 逆にレースでは使用するが、ライドでは使用しない(積載容量不足)

みたいな感想が出てくるんじゃないかなって考えています。

そういうのもの、キチンと道具をレースを意識した状態で使用しないと分からないのかなって思ってもいます。

※ニセコでロードの師匠は、エアロについて小さい事の積み重ねをずっと教えてくれて、その時に「筋肉ブロガーは何も考えてないんだなって」実感しました

  • あの商品はダメだ!
  • 全然使えない!

みたいな事も当然あるとは思うが、もしも自分が記載したら言葉足らずだよなって思う。

なので、使用した環境や自分が求めている事(前提条件)もキッチリ書いて、文章に齟齬が無いように努めます!

てな訳で、速攻轍屋でグラベルグッズをポチったぜ!

絶対奥さんに怒られるぜ!!!!!マジでヤベぇwwww

そう思ったのが、7/11のハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する