筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

【インプレッション】Vittoria MEZCALでグラベルを走ってみた感想

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

最近はグラベル・CX系のグッズについて、記事をリリースしています。

ロードも乗るんだけど、王滝グラベルが開催される?ってのもあるし、今までグッズの紹介って行わなかったので、たまには紹介しても良いかなって思っています。

併せて、今までは使用開始~記事リリースまでに時間を要ししていたので、現在は使ったらすぐに記事をリリースしようかなって考えています。

※テスト期間が短い為、記事の内容は薄いかもしれません

まぁストレステスト完了後の記事も別途リリースするので、耐久性やネガティブな部分については、ストレステスト後の記事をご覧下さいって感じです!

でもって今回は、王滝向けにInstallしたタイヤ「Vittoria MEZCAL」について記事を書いてみました。

ファーストインプレ的なサムシングなので、良かったら読んでみて下さい。

それでは、Vittoria MEZCALのファーストインプレ記事をご覧ください。

過去記事

MEZCALさんのInstall直後の記事を貼っておくので、まずはこっちの記事も読んでみてね↓

not-mechanic-yu.hatenablog.com

Install直後の記事は走行していない為、主にタイヤのスペック等を記載しています。

※VTJの公式サイト、何でグラベルのジャンルにMEZCALが入っていないんだろう?

Vittoria MEZCAL

でもって、下図はMEZCALをInstallしたバイクです↓

フロントタイヤのみMEZCALです!の図

バイクは、今季より使用する「S1NEO CX02」というモデル。

S1NEOについては別途記事を書くとして、MEZCALはフロントタイヤのみInstallしています。

リアタイヤのタイヤ交換が面倒くさいって事もあるが、フロントはMEZCALでグリップを稼ぎ、リアはノブが低いグラキンSK+でトラクションを!という意味合いで、前後違うメーカー・トレッドパターンのタイヤを使用しています。

MEZCALのトレッドパターン

下図はMEZCALのトレッドパターンです↓

縦と斜めにノブがあって好み!の図

全体的にバランスよくノブがあるなぁと思っています(感覚的で申し訳ないけど)

同社リリースの「Vittoria TERRENO MIX」よりも、ノブの密集度は多いです↓

MIXは斜めに溝切られていないね!の図

また、MEZCALはMIXよりもノブが低い為、舗装路の転がりはMEZCALが良いです。

これは乗った瞬間から感じたし、走っている時の走行音も、MEZCALの方が静かです。

※読んでいる方は、意味が分からないと思うけど、ノブが高いと舗装路で「フォンフォンフォン!」って謎な音が鳴り始めます

なので、舗装路だとMEZCALは走ると思っていたが、ノブが低いって事で、下りコーナーや砂利でグリップするのかが不安だった。

という訳で、実際にMEZCALで砂利道&砂利コーナーを走って検証してみました。

MEZCALのインプレ

友人のCXerと一緒に走って検証、下図は記念写真的なサムシングです↓

ここはグラベル区間じゃないよ!の図

でもって、実際走ったのはこんな感じの道↓

うん!砂利ですね!の図

走った区間は舗装路・砂利・土の登り&下り。

なので、区間毎に一言コメントだけしようと思います。

舗装路:★★★★★

何の不満も無いので、星5つ!

ガチで舗装路を走りたい方は、そもそもノブ付きのタイヤは選択しないと思う。

なので、今回はノブ付きタイヤで舗装路を走るのが前提の評価です。

前述しましたが、ノブはそんなに高く無いので、路面の抵抗は少ないなって感じた↓

ノブ低いけど◎!の図

繰り返すけど、ノブが高いと舗装路の走りは悪くなる(遅くなる)

※ロードタイヤにノブが付いてないのは、上記理由

後述するけど、MEZCALは砂利や土区間も走れて、舗装路も気持ちよく走れるノブの高さだと思う。

なので、筋肉ブロガー的には星5つです。

砂利:★★★★☆

砂利は星4つ。

というか、ぶっちゃけ星5つでも良いんだけど、他のグラベル用タイヤを試していないので、現時点では星4つにしておいた。

筋肉ブロガー的には、フロントはグリップしてほしく、リアは多少滑っても問題ないと考えている。

※フロントが滑ったらコントロール効かなくなってコケちゃうんで・・・・・

でもってMEZCALさんは、砂利区間も問題なくグリップしてくれた為、安心して走れるなって感じた!

繰り返すけど、他タイヤも使用してみないと最終判断はできないので、これからさまざまなタイヤでグラベルを走ってみようとは思う。

土:★★★★☆

これも問題なく走れたので、星4つ。

当日の路面はハーフコンディションであった為、濡れた土の上や乾いた土の上を走った。

野辺山や茨城CX涸沼のような泥ではなく、一般的な土の上を走ったと想像して欲しい。

トレッドパターン的にも、総合力が高いタイヤだとは事前に思っていたが、想像通りだったのは◎

筋肉ブロガーはCXバイクにMEZCAL 35Cという組み合わせで使用したが、グラベルバイクだと44Cが最適だと思う。

※乗り心地<軽さを求めるならば35Cかな

下りとグリップ:★★★★★

文句なし!星5つ!

元々XCトレイル用のタイヤって事なので、登ったり下ったりするのは適しているんだろうなって想像します。

※勝手な想像につき、間違っているかもです

筋肉ブロガーは下りコーナーがめちゃくちゃ苦手なのだが、MEZCALは安心して下れた。

グリップも問題ないし、下りコーナーでタイヤがヨレる感じもしなかった。

ちなみにだけど、空気圧はF2.6、R2.7で走った。

これでも空気圧高めで走ったので、2.2とかだと乗り心地もよく走れるんじゃないかなって想像している。

※次回のグラベルライドで試してみます

付け加えて、タイヤのサイドがTNT(ケーシング入り)なので、圧を落としてもヨレにくいんじゃないかなって想像している。

※サイドコットンだと、TNTよりも柔らかい反面、多少ヨレ易くなると思います

耐パンク性能:?????

パンク性能については不明。

というか、これはストレステストしてみないと判断出来ないと考えている。

※パンクする時は1回のライドでパンクするので、なんとも言えない部分もあるけど

これからハードにタイヤを使ってみて、パンク性能もお伝えできるようにしますね。

調べるに、Vittoriaは○○タイヤなのでケーシング増し増しです!みたいなのは無いと思う。

※TNTかnot TNTかだと思っている

なので、筋肉ブロガーはグラベルだとTNTを使用し続けて、結果をお伝えします。

番外編:メタボなお腹に戻りました

参照↓

あぁ、シックスパックどこ行ったよ・・・・の図

ユメオチおじさん&マイキーと写真撮影し、後で写真見返して思った↓

  • お腹におっきな浮き輪あんじゃん!!!

MEZCALとは1ミリも関係無いけど、この浮き輪は除去せんとな!

て事で、減量の為に今後も走りまくるぜ!

そして総合してMEZCALはおすすめだぜ!

※マジでCXタイヤにもMEZCALリリースしないかなぁ(33C)

そう思ったのが、Vittoria MEZCALを使ったファーストンプレです。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する