筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

JBCF鴨川クリテリウム レースレポート(E2)

スポンサーリンク

久々のJBCFレースレポートとなります!

今回もネタではなく、色々な事が起きました。

という事で、レースレポートはコチラ↓

データサマリ

ワークアウト名
:
2019-08-24 09:30:00
開始時刻
:
2019/08/24 09:30:00
終了時刻
:
2019/08/24 10:17:22
走行時間
:
0:47:15
距離
:
31.69 [km]
獲得標高
:
22.4 [m]
TSS™
:
76.0
IF™
:
0.98
インターバル・インテンシティ
:
87 [%]
消費エネルギー
:
716.9 [kJ]
平均ケイデンス
:
90.9 [rpm]
最大スピード
:
51.4 [km/h]
平均スピード
:
40.4 [km/h]
最大心拍数
:
191 [bpm]
平均心拍数
:
172 [bpm]
最大ペダリング・パワー
:
977.6 [W]
平均ペダリング・パワー
:
253.0 [W]
最大ペダリング効率
:
73.5 [%]
平均ペダリング効率
:
48.1 [%]
NP™
:
284.0 [W]
平均パワーバランス
:
52.1:47.9 [%]
ダンシング率
:
0.5 [%]
平均ペダリング・パワー(L)
:
131.8 [W]
平均ペダリング・パワー(R)
:
121.2 [W]
平均ペダリング効率(L)
:
49.0 [%]
平均ペダリング効率(R)
:
47.1 [%]
平均トルク(L)
:
13.4 [N·m]
平均トルク(R)
:
12.4 [N·m]
最大勾配
:
2.3 [%]
平均勾配
:
-0.1 [%]
平均気温
:
28.1 [°C]

ペダリングモニター

f:id:not_mechanic_yu:20190826172242p:plain

Ave.は意外と低く253w

時系列グラフ

f:id:not_mechanic_yu:20190826172518p:plain

今回は10秒平均のデータが見やすかった

レースレポート

当日はAM2:00起床、本当は会場の鴨川へ直接行きたい所ではございますが、チームメイトの「森くん」を迎えに行く必要がございます。

理由と致しましては、チームアテンドと監督会議に参加してもらうためでございます。

f:id:not_mechanic_yu:20190530103334j:plain

↑が森くん、またの名は「波紋使いおじさん」

AM5:00に波紋使いと合流、今日は波紋の呼吸を習得するマスクは着けていない。

どうやら波紋の呼吸は習得した模様(一皮向けたな)

 

合流後は会場の鴨川へ向かう、AM7:00に到着。

諸々の準備を済ませて試走を行う事に致します。

 

ワタクシ、クリテリウムは大の苦手でございます。

特に高速コーナーが苦手でして、当ブログを初期から見ていただいる方はご存知の通り「自動中切れおじさん」という、不名誉なあだ名を付けられるくらいコーナーは下手くそです。

 

 「自動中切れおじさん」の誕生秘話につきましては、過去ブログをご参照くださいませ。

not-mechanic-yu.hatenablog.com

AM8:30~9:10までが試走時間であるため、会場周辺を軽くアップしてみる。

レース週にもかかわらず疲労が溜まりまくっていた為、今週はほぼ自転車には乗りませんでした。

※それでも疲労がとれなかった

 

と、どうせコンディション良くないと思いながら試走を行うと、、

思ったよりも身体が動く、思い切って休息入れてみてよかった!

ギリギリだけどレースに間に合った感じ、この時は行けるぞって思っておりました。

※この時は自動中切れ機能はOFF

 

試走開始時間となった為、コースin致します。

事前情報で波紋使いおじさんより「一部コーナーが浮いているので、インベタグリップで!」というアドバイスを頂く。

※ソースは恐らく「イニシャルD」の沙雪様

 

とりあえずアドバイス通りインベタグリップで攻めてみる。

うん、意外といけるね! 

というか、グリップ以外の走行方法ってロード界で走るのだろうか。

 

試走の感触は悪くない感じです。

※この時も自動中切れ機能はOFF

 

試走が終わってからは友人とシクロクロスの話で盛り上がる。

話した二人の友人がシクロクロッサーという事もございましたが、恐らく鴨川で、しかもレース直前までシクロクロスの話をしているのは我々だけではないだろうか。

 

あっという間にレース開始時間となり、スタートすることに。

f:id:not_mechanic_yu:20190826184113j:plain

チームランキング1位だから最前列に並べる

今回はローリングスタートであった為、ローリング解除までは先導車を抜けないので我慢。

ローリング解除後にレーススタート!

鴨川は25周回の約31kmコースを走るので、概ね40分~50分は走行致します。

鴨川のコース幅が狭く、レーススタート後にアタックがかかることなくレースが展開される。

 

強い選手としてはピナゾウの「原田様」、A-padの「船山様」、Roppongi Expressの「高橋様」あたりであったため、マークしておく。

お三方、予想通り前々で展開するしペースも良い感じ。

ワタクシもついて行ける、ワンちゃん有るかなぁって感じ。

 

レース中、時折船山様がボトルの水を身体にかける。

お水をかけたら残り汁?がワタクシにかかる、この時はずっと「ふなっしーの梨汁ブッシャー!」しか考えておりませんでしたw

※もう「ふなっしー」と名付けるよね

f:id:not_mechanic_yu:20190826181656p:plain

ふなっしー様

レース中は1周回で少なくとも4回x3秒くらいはインターバルかかっていたと記憶しております。

パワーは500~650w位だったかと思います。

 

本レースは15周回目にトップを取ると「地元賞」という物がもらえるとのことなので、15周目は本気だして先頭に出てみました。

絶対取れると思っておりましたが、最終コーナーで高橋様よりインから抜かれる、まぁキレイに抜くこと抜くこと、恐れ入りました。

という事で、周回賞はRoppongi Express高橋様が取ります。

 

ワタクシ、ここでかなり脚を使ったと感じたので後ろを休む選択を行いました。

結果的にこの選択は大失敗、以降は最後まで先頭に出ることはできませんでした。

※気づいていなかったが、自動中切れ機能はONされていた

原田様はコーナーにもかかわらず謎のエアロポジション。

エアロが大好きなワタクシでもこんな事できない、コーナーがうまい方はこんな事できるのか...

 

という感じで、以降は何もできず、後ろでツキイチで、最後の集団スプリントもできずに完走、Topと5秒差の17位でした。

収穫だったのは、この2ヶ月の間L3以上の負荷をかけた練習をしてなかったけども完走できた事くらいだろうか。

まぁ、完走できただけでも良かったと思おう!

ポジティブポジティブ!

これにてJBCF鴨川クリテリウムのブログは終ry...だと思っていたが、事件はレース後に発生した!

 

まず、JBCFの役員的な方に呼び出しを喰らいます、2年レースを経験しておりますが初めての呼び出し。

というか呼び出ってJBCFにあるのね、なんだろう?

この時思ったことは下記でございます↓

  • 左右ピアスをはめている
  • 髪が長い
  • ヒゲを生やしている
  • レース中、他人に迷惑な斜行を行った

上記が思い当たったが、結果的には全部違った。

結果として...出走サインを行っていなかった。でございます。

初歩的なミス…お恥ずかしい

 

出走サインを行わずに走った場合、今年からはレース途中で下ろすことはしないらしいのですが、ペナルティーを受けます。

※罰金として6500円をJBCFに収めます

 

お上は絶対です、JBCFに罰金(上納金)を収めます。

JBCFのレースでは出走前に検車と出走サインを行う事は絶対のルールでございます。

まさか自分が忘れるなんて思ってもいませんでした。

※恐らく、精神的余裕が無かったんだろうなぁ

 

レース終了後にふなっしー様より「本当にコーナークッソ遅いですねw」と指摘を頂く。。

※他にも数名から同じ指摘もらったんだけどね

 

途中から自動中切れ機能ONになってたよね?と質問すると、レース開始時からONだったらしい…

これまたお恥ずかしい…

 

他にも複数名より指摘を受けて改めて「コーナーリング」の下手くそさを再認識致しました。

木島平の時にも言ったけど「中切れされたくなければ俺の前にいろ!」と、苦し紛れの言い訳だけ言っておきましたw

ふなっしー様、ホントに申し訳ない!

 

来シーズンまでにコーナーの基礎練習を行って見返してやるからな!

 

あと、当たり前だけど「出走サインは必ず行おう!

※オチとして、上納金後に車をインロックさせてしまいました

 

最後に2019年のテーマは「筋肉は全てを解決する」