筋肉ブロガーのロードバイク&シクロクロス奮闘記

筋肉の事しか考えていないブロガーが、ロードバイクとシクロクロスで頂きを目指す奮闘記となります。2022年は目指せ!王滝グラベル優勝&全日本マスターズCX優勝!

関東進出!カーボンドライジャパン東京へ行ってみた!

スポンサーリンク

シクロクロス(とグラベル)普及芸人。

どうも、筋肉ブロガーです。

最近仕事が立て込んでおり、中々ブログを更新できてないです。

でもね、仕事の合間を縫って記事は書いてるよ♪

そんでもって、今回は面白いお店へ凸った事を記事にしました!

そんな面白いお店は「カーボンドライジャパン東京」です!

記事を書きながら、もはやCDJ東京は何屋さんなのか分からなくなったw

そんなマルチな活動を行っているCDJ東京さんの事について、筋肉ブロガー目線で紹介しちゃうよ!

良かったら読んでみて下さい。

それでは、カーボンドライジャパン東京にアポ無しで凸った内容をご覧ください。

カーボンドライジャパン東京のHP

まず、下記リンクが更新のHPです↓

tokyo.carbondryjapan.com

当たり前だけど、筋肉ブログの100倍は詳しい事を書いているので、ぜひ公式HPを確認してみてね。

営業時間

平日木曜がお休みだね!の図

木曜日が定休日ってことだね!

筋肉ブロガーみたいに、いきなり凸るのも良いけど、できれば事前にTELした方が良いと思います。

特にアポ無しだと順番待ちってパターンもあるので、事前に来店日時を伝えておいて損はないかと。

※取材対応とかあるかもしれないし

筋肉ブロガーが思うカーボンドライジャパンの印象

そもそもCDJさんって何屋さんだっけ?

って思う人も多いはず。

筋肉ブロガーも同じ事を思っていた。

なので文章にして表すと↓

  • カーボンフレーム補修屋さん
  • フレームの塗装屋さん

上記。

店名にカーボンを使ってる位なので、カーボン関係のお店だよなって思っていた。

※東京に実店舗出来たのは最近なので

5年位前のCDJだと、フレーム補修の跡がガッツリ分かる様にカーボンを巻いてるなぁって印象が強かった。

だけど、最近は補修した跡が分からないとsnsで言われてたので、今回凸って直に見に行きました。

非破壊検査 / カーボン深傷診断サービス

CDJさんのサービスの1つ、診断!

下記は、公式HPの文章を引用しました↓

そんでもって、筋肉ブロガーの分厚い胸筋に刺さった所は色を変えてみます!

ロケット/航空機(ボーイング社指定)/フォーミュラ1/カーボンモノコック素材など高度な最先端製品のみに使用されている超音波探傷システムを駆使してピンポイントに、目視不可能なわずかな内部損傷でもデジタルデータに基づいて危険度の判断を致します

2022年7月1日
赤外線検査システムを導入致しました!
飛行機のウイングやボディ、レーシングカーの樹脂外装などの非破壊検査に用いられる「アクティブ・サーモグラフィ」システムを導入しました!世界中の空港、メーカー研究所で使用されている同機器での、自転車のフレーム検査は世界初の試みとなります。

※超音波および赤外線、どちらの診断方法で検査するかは、お客様のご希望に加えてスタッフが状況を見て判断し、検査内容をご提案いたします。まずはご連絡のうえ現状をご相談ください。

内容によっては双方の手法を組み合わせての検査も実施致します。

今までは検査方法は超音波のみだったらしいが、1月〜赤外線検査も行っているとの事。

下図は、赤外線検査なうなやつ!

赤外線検査!の図

これだと、フレーム内にモーター仕込んだらCDJさんに秒でバレてアディオスアミーゴされる事は置いといて、愛車が本当に傷ついているのか?

補修可能なのかを判断してくれるのは助かるなって思う!

昨今だと、フレームを注文しても納期1年待ちとかザラにあるので、できれば今使用しているフレームを修理して乗りたい人も多いはずです。

※愛着が湧いて、修理してでも乗りたい人も多いはず

そんなアモーレに溢れているサイクリストは、是非CDJ東京へTELして凸ろう!

ペイント技術◎

こちらはペイントしたフレーム↓

バチくそ綺麗やん!の図

本当に補修したのかな?補修跡わからんし凸凹無いじゃん!

ってのが、率直な感想だった。

後、そもそも塗装が綺麗やなと!

エアブラシ使ってる影を描いてたりするので、カスタムペイントは以下様にできる腕なんだろうと感じた(オートバイのペイントっぽい)

なので、以前のカーボン巻きました!的な出来栄えとはおさらばだなって実感した。

フレームが折れない事が1番の幸せだけど、もしも折れても、見た目的には全く分からないレベルになるのは◎だね!

フレームペイントだけじゃない!色んな物を塗れちゃう!

塗れるのはフレームだけではないみたい。

カラーサンプル的な!の図

実店舗にはヘルメットが塗られてあった。

しかも、めちゃくちゃ綺麗に塗ってるし!

このヘルメットの色最高や!の図

もうこの時点でカーボン補修屋さんなのか、ペイント屋さんなのか分からないなって思ったw

と同時に、筋肉ブロガーのヘルメットもチームカラーに塗って欲しいと思った。

値段について聞くのを忘れたので、次回凸った時に聞いておきます。

ビックプーリーkitや単体の購入が可能

忘れてた!

CDJさんてビックプーリーも販売してたね!

てな訳で、当然CDJ東京にも販売コーナーがありました。

寿司ドラゴンのプーリーも展示されていたよ!の図

そんでもって、プーリーもオリジナルカラーにできるみたい。

工芸品みたい!の図

筋肉ブロガーモデルも作って欲しいぜw

併せて、プーリー単体の販売もされていた↓

実際に回してみよう!の図

実店舗に、それぞれのプーリーが置いてあるので、実際に回してみて違いを感じてみよう!

ShimanoRDと互換あるよ!の図

ビックプーリーだけではなくて、Shimanoデフォと同じサイズのセラミックプーリーも販売されているよ!

これだと、ゲージを変えなくてもセラミック化できるね。

なるべくShimano純正品を使いたいが、純正プーリーよりも回る物を探している方にはオススメかな!

CDJが認定した中古フレームも販売されている

同社が認定したフレームも販売されている。

BOMAのCXフレーム安い!の図

診断して問題ないor補修済みのフレームを販売しているので、安心だよね。

後、圧倒的に安いしw

完成車も販売していたよ!の図

ユースケースとしては、自身のバイク診断を行なってもらう→診断NG(補修不可)→その場で認定フレームを購入。

みたいな流れもあるかもしれない。

店頭在庫は常に変動するらしいので、細かくチェックしてな!

もしかしたらVENGEやターマックが在庫されるかもよ!

番外編その1:洗車サービスもやっているよ(有料)

これは番外編。

CXバイクの値段は不明だけど、多分ロードと同じ金額なはず!の図

また思ったが、もはや何屋さんなのか分からんw

tokyo.carbondryjapan.com

でも洗車してくれるのは良い事だね!

自分で洗車できない人も多いはずだし。

そんでもって、洗車してくれるスタッフはメカニックの腕も良いので、メカ目線で色々教えてくれると思う。

スタッフと話し込むと、そんな事よりオートバイ買おうぜ!!!的な話になると思うので、程々に話すのが◎www

番外編その2:コーティングもやっているよ

洗車→コーティングってのは、最近自転車界のトレンドやなって思う。

そしてCDJさんもバッチリ踏襲してた↓

洗車&コーティングのサービスは鉄板だね!の図

筋肉ブロガーは3Dfitさんでコーティング済なのでお世話にはならないが、コーティングしたいなぁって思ってる人は、スタッフに聞いてみよう!

CDJ Tokyoの住所

ここまで記事を読んで気になった方は、下記へ凸りましょう!

〒154-0014 東京都世田谷区新町2-2-22 NIビル1階
TEL 03-6413-7275 / FAX 03-6413-7274
営業時間 平日11:00~20:00 /土日祝 10:00~19:00 / 毎週 木曜 定休

tokyo.carbondryjapan.com

間違ってもメントスコーラとか持って行ったらダメだぞ、ガチで出禁にされかねないですw

てのは冗談で、カーボンの補修だけではなく、幅広い仕事をなさっているなと感じた。

後(その日たまたまお店にいた)社長さんは製品品質を重要視しまくってるなと、ビシビシ感じて◎だった。

詳細な話は割愛するが、筋肉ブロガーが作って欲しい製品を伝えると↓

  • 作れるけど、長くはもたないのでしょ
  • キチンと使える物を使って欲しい
  • 1レース限定の製品はリリースしたくない

etc、常にユーザの事を考えてるなと話して分かった。

こういう品質を重要視してるところには、次も行きたいなと思ったので記事にしました。

そう思ったのが、カーボンドライジャパン東京へ凸ってみた時に思ったハイライト。

それでは次回の記事まで!デュエル スタンバイ!

最後に2022年のテーマは「筋肉は全てを解決する